先日行われたロケッツ、ホークス、ナゲッツによる大型トレード。

これによりロケッツはクリント・カペラを放出し、ロバート・コビントンを獲得したわけですが、トレード後のロスターが話題になりました。

今回はその奇抜すぎるロケッツのメンバーについてみていきましょう。Go!

今回のトレードをまとめた記事はこちらから⇩



トレード後のスターター


トレード後のレイカーズ戦でのスターターがこちら。


また次の試合サンズ戦でのスターターがこちら


両試合ともに欠場している選手はいますが、そちらの試合でもなんとセンターポジションにPJ・タッカーの名前があります。

また万全のメンバーでの予想スターターがこちら。


PG:ラッセル・ウエストブルック→190㎝
SG:ジェームズ・ハーデン→195㎝
SF:エリック・ゴードン→188㎝
PF:ロバート・コビントン→201㎝ 
 C :PJ・タッカー→195㎝

平均身長:193.8㎝

身長2m越えの選手がもはや当たり前のリーグで、なんと平均身長が193cmという驚異の数字。

CのPJ・タッカーに至ってはGの選手たちとも大差ないサイズ。

タッカーの自身のインスタグラムにてこのような自虐投稿もしていました。


今回のロケッツの思い切ったトレードに対して、賛否両論が飛び交っています。

今年は特に、レイカーズや76ersをはじめとして身長の大きい選手を多く並べるといったビッグラインナッが流行っていますが、それとは真逆のスモールラインアップで対抗するロケッツ

バスケットボールにおいて身長が大きいというのは大きなアドバンテージではありますが、今年ロケッツがその常識を覆してくれるかもしれませんね。

また、ヘッドコーチマイク・ダントー二とにかく短い時間でシュートを狙うという戦術を得意とします。

なのでオフェンスにおいてはサイズが小さいというのはそこまでマイナスにはなりませんが、ディフェンスでどのようにしてビッグマンに対抗するのか、というのが大きなポイントになります。

プレーオフに出場することはほぼ確実なので、プレーオフでの戦い方は見どころですね。

いかがだったでしょうか?

今回はリーグの注目を集めているロケッツの革新的なラインナップについてまとめました。

この振り切ったトレードは吉と出るのか、はたまた失敗と終わるのか。

皆さんのロケッツのスモールラインアップへの意見もいただけると幸いです♪

では今回はこのあたりで。

読んでいただきありがとうございました。Bye!