Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

OneMission



センターなんていらない?ロケッツのスタメンが小さすぎるww


先日行われたロケッツ、ホークス、ナゲッツによる大型トレード。

これによりロケッツはクリント・カペラを放出し、ロバート・コビントンを獲得したわけですが、トレード後のロスターが話題になりました。

今回はその奇抜すぎるロケッツのメンバーについてみていきましょう。Go!

今回のトレードをまとめた記事はこちらから⇩



トレード後のスターター


トレード後のレイカーズ戦でのスターターがこちら。


また次の試合サンズ戦でのスターターがこちら


両試合ともに欠場している選手はいますが、そちらの試合でもなんとセンターポジションにPJ・タッカーの名前があります。

また万全のメンバーでの予想スターターがこちら。


PG:ラッセル・ウエストブルック→190㎝
SG:ジェームズ・ハーデン→195㎝
SF:エリック・ゴードン→188㎝
PF:ロバート・コビントン→201㎝ 
 C :PJ・タッカー→195㎝

平均身長:193.8㎝

身長2m越えの選手がもはや当たり前のリーグで、なんと平均身長が193cmという驚異の数字。

CのPJ・タッカーに至ってはGの選手たちとも大差ないサイズ。

タッカーの自身のインスタグラムにてこのような自虐投稿もしていました。


今回のロケッツの思い切ったトレードに対して、賛否両論が飛び交っています。

今年は特に、レイカーズや76ersをはじめとして身長の大きい選手を多く並べるといったビッグラインナッが流行っていますが、それとは真逆のスモールラインアップで対抗するロケッツ

バスケットボールにおいて身長が大きいというのは大きなアドバンテージではありますが、今年ロケッツがその常識を覆してくれるかもしれませんね。

また、ヘッドコーチマイク・ダントー二とにかく短い時間でシュートを狙うという戦術を得意とします。

なのでオフェンスにおいてはサイズが小さいというのはそこまでマイナスにはなりませんが、ディフェンスでどのようにしてビッグマンに対抗するのか、というのが大きなポイントになります。

プレーオフに出場することはほぼ確実なので、プレーオフでの戦い方は見どころですね。

いかがだったでしょうか?

今回はリーグの注目を集めているロケッツの革新的なラインナップについてまとめました。

この振り切ったトレードは吉と出るのか、はたまた失敗と終わるのか。

皆さんのロケッツのスモールラインアップへの意見もいただけると幸いです♪

では今回はこのあたりで。

読んでいただきありがとうございました。Bye!


驚愕の身体能力とスキルを持つラッセル・ウエストブルックとは?


ap_19073078699430-e1552821698174-1200x675

2シーズン連続でシーズン平均トリプルダブルを達成したウエストブルック

人間離れした身体能力と闘争心を持った彼の魅力について語っていきたいと思います。

Go!

基本情報


・誕生日:1988年11月12日

・身長:191㎝

・体重:91㎏

・ウイングスパン:203㎝

・愛称:ラス、ブロディー

・経歴:
UCLA
→オクラホマシティ・サンダー
→ヒューストンロケッツ

プレイスタイル





高い身体能力と尽きることのないスタミナを武器にゲーム中は常に全力でゴールにアタックします。


特にトランジションではドリブルで先頭を突っ走りプルアップジャンパーやダンク、レイアップで得点を重ねます。

シュートの効率はお世辞にもいいとは言えませんが、ひたむきにゴールにアタックすることで相手チームを圧倒し、得点王を受賞しています。


リーグに入ったばかりのころはとにかくシュートばかりが目立ち周りが見えていないことも多々ありましたが、経験を重ねるにつれてアシストの数も増えてアシスト王も受賞しています。

2016~17年シーズンMVP受賞




相棒であったケビン・デュラントが移籍後、低迷が予想されていたサンダーですが、不屈の魂を持ったウエストブルックは孤軍奮闘。

このシーズンウエストブルックはNBA新記録となるシーズン41回のトリプルダブルを達成、またオスカー・ロバートソン以来となるシーズン平均でのトリプルダブル、そして得点王の受賞を達成しました。

自分勝手なプレイが多い選手と批判も受けていただけに、自身のスタッツも残しチームも勝利へ導いてのMVP受賞は多くのファンの心を打ちました。

ファッション


ウエストブルックと言えばバスケットボール以外のファッションでも有名です。


mig (3)

20190207164736456

mig (4)


多少奇抜さもありますが、自分を素直に表現しているという点でウエストブルックらしいですね。

なんでも1度着た服はもう着ることはなく、人にあげてしまうのだとか。

またNBA選手ながら全身ど高い値段の服を着るというわけではなく、高いものと手ごろな値段のものを混ぜてコーディネートしています。

幼少期あまり裕福ではない中でもファションを楽しんでいたという経験と知恵を活かしているそうです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

驚異的な身体能力と勝利への執着心で常に全力疾走のウエストブルック。

見ていて応援したくなりますね。

個人的なアワードはほとんど受賞したウエストブルック、残るは優勝のみです。

幼馴染でもあり元チームメイトでもある同じくMVP受賞者のジェームズ・ハーデンとともにロケッツでの優勝を目指してほしいです!

では今回はこのあたりで!

Bye!






1人で50得点はもはや当たり前ww NBA No.1スコアラーのジェームズ・ハーデンって一体何者??


images (12)

今回はヒゲがトレードマークであるジェームズハーデンについて、その並外れた得点能力について語っていきたいと思います。Go!

 基本情報

誕生日:1989年 8月26日

身長:196㎝ 体重:100kg

ウイングスパン:210㎝

愛称:The Beard(ザ・ビアード)ヒゲという意味

経歴:
アリゾナ州立大学(2007~2009年)
→オクラホマシティ・サンダー(2009年~2012年)
→ヒューストン・ロケッツ(2012~)

 サンダー時代

ハーデンは2009年にドラフト全体3位指名でオクラホマシティ・サンダーに入団しました。

images (15)


今でこそリーグトップのスター選手ですが、この当時はベンチからの出場が多かったハーデン

しかし、ベンチ出場ながらもその才能をいかんなく発揮し、2011~2012年のシーズンにはNBAで最も優れたベンチプレイヤーに贈られる6thマン賞を受賞してチームのNBAファイナル進出に大きく貢献しました。ファイナルではレブロンジェームズ率いるマイアミ・ヒートに惜しくも敗れてしまいました。

このファイナルの後にFAになったハーデンはサンダーと長期契約を望みましたが、サンダーからはそのオファーがなかったためほかのチームへと移籍することを決断しました。

 ロケッツ時代

サンダー期とは違い、チームのエースとしてプレイしていたハーデンは着々と個人の成績を伸ばし、チームも毎年プレイオフに出場しましたが、なかなか勝ち進むことはできませんでした。

そんななか、2016‐17年シーズンに新しくHCとして就任したマイクダントー二によって、今までのポジションであったSGからPGでの起用されることになりました。そしてこの起用方法はハーデンの得点能力だけではなくパサーとしての才能も引き出すことに成功しました。

このあたりからうっすらとハーデンの化け物っぷりが垣間見えてきました。

 ステップバックシュート

ハーデンといえば、この技ですね。



この技は当初、トラベリングではないかとの意見が殺到しました。
実際僕自身もトラベリングだと思っていました(笑)

そんな中、リーグは正式にこのムーブを反則ではないと認めました。
ボールを完全に保持するときと、それ以前での踏切はギャザーステップ(0歩目)としました。

このルールが制定されてからというものの、ハーデンのステップバックはだれも止められないものとなり、無双状態となってしまいました。
17-18年シーズンで平均30.4得点を記録し、自身初の得点王を受賞
18-19年シーズンではなんと平均36.1得点を記録

この数字はさすがに化け物すぎますね。ここまでくると歴代のトップスコアラーたちと比較されても何の疑問もありません

また、対戦チームも必死になってハーデンのステップバックに対策をします。



この動画のハーデン率いるロケッツの対戦相手のユタ・ジャズはリーグでも有数のディフェンスチームです。
にもかかわらず、こんなディフェンスにたどり着くわけですからもうハーデンを守るのはあきらめて神に祈るほうが効果があるかもしれませんね(笑)



いかがだったでしょうか?

現役にとどまらず歴代でもトップクラスのスコアラーともいわれているジェームズハーデン。
今シーズンは元チームメイトでMVP受賞歴もあるラッセル・ウエストブルックを相棒につけ、いまだ手にしていないチャンピオンリングにむけて準備万端です!

まだまだ進化するハーデンから目が離せません!!

それでは今回はこのあたりで。Bye!!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ