こんにちは!

刻一刻と2月6日のトレードデッドラインが違づいてきていますね。
そこで今回も、トレードの噂が出ている選手についてまとめていきたいと思います。Go!
(前回の記事はこちら→http://ikeikenba.com/archives/5401839.html )

1.ケビン・ラブ  
(クリーブランド・キャバリアーズ)


まずはキャバリアーズのケビン・ラブ。Big3に数えられたレブロン・ジェームズ、カイリー・アービングと共にキャブス王朝の一翼を担った彼もアービング、レブロンが移籍して以降低迷しているチームからの離脱を希望しているとのことです。チームも再建に踏み切る模様なので上手く指名権や有望な若手と交換したいところです。

203cm、114kgの恵まれた体躯と内外責められるオフェンススキルを武器に得点とリバウンドを量産する万能型PF、キャリアを重ねかつての爆発力はそこまで見せませんが頼れるベテランですね。
そんなラブにはトレイルブレイザーズやデンバーナゲッツ、サンズ等が興味を示しているとのことです。

この中だったらナゲッツに移籍したら面白いですね。というのもナゲッツにラブが加わればかなり強力なビッグラインナップが誕生するからです。以前記事で紹介した通り、ナゲッツは2年目のマイケル・ポーターJrが208㎝の長身ながら器用にアウトサイドでプレーすることができます。そしてセブンフッターの二コラ・ヨキッチはセンターながら抜群のパスセンスを誇り、アウトサイドにいるラブにもアシストを量産できるはずです。このラインナップが成立すれば相手からはかなり脅威になるでしょう!


2.ディアンジェロ・ラッセル
(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)


続いてはD-loことウォリアーズのディアンジェロ・ラッセル。彼は派手な外見とセクシーなプレースタイルで注目を集めますが、意外に苦労人。2015年に全体2位でレイカーズに指名され1年目にはオールルーキー2ndチームに選出されるも2年でネッツへ放出。ネッツではエースに成長し、2018年シーズンにはチームをプレーオフに導き名実ともに球団の顔になりましたがそのオフにケビン・デュラントとのトレードでウォリアーズに電撃移籍するなど中々チームに定着させてもらえません。

まあ裏を返せばそれだけ需要があるってことなんですけどね(笑)。そんな彼、またまたトレード候補に挙がっています。手品のようなボールハンドリングと高確率の3Pショットがあればどこでもほしいですね。そんな彼にはウルブズやセブンティーシクサーズ等が興味を示しているとのことです。

この中だったらシクサーズですね。ベルターンズと同じで待望のアウトサイドシューターです。それに彼はスクリーンを使うのも上手いのでビッグマンの多いシクサーズは相性がいいでしょうね。

実はシクサーズへのトレードが面白いと思うのにはもう一つ理由があります。というのもD-loのトレード相手にベン・シモンズが浮上していることです。208㎝の長身ながらPGを務めるオールラウンダーの彼ですが3Pショットが唯一の弱点。ペイント内でのプレーが多く、今季初めて成功させましたがキャリアでのアテンプトはまだ数本です。

シューターがおらず、ビッグマンの多いシクサーズではペイントエリアが混雑し、いまいちフィットしているとは言い切れません。しかし、ウォリアーズであればカリーやトンプソンなどシューターは豊富、シモンズの良さも十二分に発揮されるでしょう。正しくwin-winのトレードになると思うのでぜひ見てみたいです!

3.カイル・クズマ
(ロサンゼルス・レイカーズ)




最後に紹介するのはレイカーズのカイル・クズマ。2巡目指名ながら1年目からレギュラークラスの活躍し、ブランドン・イングラムやロンゾ・ボールとともに期待の若手として「ヤングコア」の一角に並びましたが、イングラムとボールはアンソニーデイビスの対価としてペリカンズへ放出され彼一人残りました。

若手中心のチームからレブロン、ADを中心に優勝候補筆頭に挙げられるチームへと変貌したなかで彼は適応に苦心しているように思えます。そんな彼はレイカーズのトレード話が出る度に候補として挙げられています。キングスのボグダン・ボグダノビッチ、ピストンズのローズなどなど。

ただ、今シーズンクズマはトレードされないのでは?候補に挙げられるのは単純に動かしやすい選手の中でトレード拒否条項がなく、一番市場価値が高い選手ってだけで外に出したいわけではないと思います。それに彼はスター性もあり、これからのレイカーズを背負う存在になってほしいとフロントも期待しているでしょう。それはADトレードの際にチームに残されたことからも明白です。(っていうか残ってほしいです(笑))

いかがだったでしょうか?優勝へのラストピースをどこが上手く手に入れるのか、トレード市場から目が離せませんね!

それでは今日はこの辺で!Bye!