Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

ウォリアーズ



待望の瞬間!八村選手の復帰戦の結果は?

こんにちは!
突然ですが今日、ついに待望の瞬間が訪れました。

それは「八村塁 24試合ぶりの復帰」です!

EP5jrBdUcAAhXPL

いやーやっとです。これで一日の楽しみが140%になりました(笑)。

12月にチームメイトのイザック・ボンガと接触し鼠径部を痛めてから中々復帰できずにいましたが、「Japanese heritage night」と銘打たれたゲームで復活です。

この企画は正しく八村選手のためにあるみたいなものなのでウィザーズのフロントも間に合ってホッとしているでしょう。

そんなめでたいウィザーズ vs ウォリアーズの試合、どちらが勝ったのか?そして八村選手の試合ぶりはどうだったのか?迫っていきたいと思います!Go!


✕ワシントン・ウィザーズ 117 - 125 ゴールデンステイト・ウォリアーズ




今日の試合はウォリアーズの完勝です。攻めては15本の3P を50%の高確率で浴びせ、オフェンスリバウンド12本と制空権を制圧。

守りも要所では得点を許さず、まるで王朝時代のウォリアーズを見ているようでした。なんでこのチームがリーグ最下位なのか理解できません(笑)。

やはりウォリアーズのコーチ陣は有能ですね。

ここ最近の試合を見るとスプラッシュブラザーズ復帰後にはまた強豪に返り咲く気配がムンムンします。

対するウィザーズは悪くはなかったのですが勝負所でミスや単発なオフェンスをしてしまったりと純粋に力負けな感じでしたね。

ビールは43得点を挙げ、オールスターにふさわしい選手であることを自ら証明しましたが3連勝ならず。プレーオフ争いの中で手痛い敗戦になりました。


今日の八村・・・ 八村(一~十村までの十段階評価)


惜しくも勝利を逃したウィザーズ、そんな中でも八村選手は存在感を発揮していましたね。

チーム初得点を挙げたターンアラウンドシュートを皮切りに25分で11得点、シュートタッチもかなり良いように見えました。

またミドルショットにポストムーブ、ドライブとマルチに攻められる八村選手にボールが入ると停滞した時間でも流れの得点ができるのでチームのリズムもよくなっていました。

EP5PJ3RUEAAB3SJ

ディフェンスにおいても優れたフィジカルを活かしたプレーで猛威を振るったエリック・パスカル、オマリ・スペルマンをチームの中では一番守れていたと思います。

実際、クラッチタイムに出場していたことからベンチからの信頼もよく分かりますね。

ただ、もう少しボールに絡みにいってもよいのかなと思いました。

特に単発のペリメーターシュートを打たされていた時間帯も長かったので八村選手の1on1からボールムーブという形も見たかったなと思います。

ただ、復帰戦でこれだけできれば及第点以上です。これからも少しづつ体を治して完全復活してもらいたい!

いかがだったでしょうか?復活した八村選手の活躍にこれからも目が離せませんね。

それでは今日はこの辺で!Bye!


【あなたはいくつ知ってる?】NBAのハッシュタグの意味4選

こんにちは!

皆さんはNBAの情報はどこから仕入れていますか?

私はやっぱりTwitterやInstagramなどSNSをよく活用しています。というのも遠いアメリカの最新情報がリアルタイムに入ってくるからです。(英語を読むのは大変ですが…。)



いやー便利な時代になりましたね。


ただ、現地の投稿を見ていると「これってなんだ?」と思うことってありませんか?


例えば球団ごとのハッシュタグ、#Celticsのように球団名そのままは分かりますがよく見るウォリアーズの#Dubnationって何のことでしょうか。知ってるようで実は知らない…。



EH-wsXjVUAAKE__



そこで今回は球団のハッシュタグの成り立ちや意味について調べてみました!Go!




#Dubnation

Dubnationはゴールデンステイト・ウォリアーズのSNS投稿に用いられるスローガンで、「worriars」の頭文字”w”をもじってDub、後ろに国家、国民等を現す「nation」をくっつけた造語です。日本語でいうところの「ウォリアーズ国家」といったところでしょうか、ウォリアーズを応援する人々を国民に例えるセンスはさすがアメリカ!今シーズンこそ低迷していますがGステファン・カリー、Gクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にリーグを席巻したウォリアーズはまさしく「強国」そのものでしたね!



#RipCity
#RipCityはポートランド・トレイルブレイザーズのSNS投稿に用いられるものです。これはある実況の一言から生まれました。それは1971年2月18日のロサンゼルス・レイカーズ戦のことです。1970年よりNBAに加盟したトレイルブレイザーズ下位に低迷し、この試合も20点差をつけられ完敗ムードでした。その敗色濃厚ムードの中ボールを手にしたSGジム・バーネットはハーフラインからシュートを放ちました。因みにこの頃は3Pのルールはなく、特に意味のない行為でしたがシュートは見事にゴールを射抜きました。そのプレーを見た観客は大歓声を上げ、実況のビル・ジョーニーはこう叫んだそうです。

「RipCity!,Alright!」

これが#RipCityの由来になりますが、この言葉は実況のビルが興奮して発しただけで特に意味はないそうです(笑)。とはいえこの何気ない一言が50年近くトレイルブレイザーズの魂を表しているのは素敵ですね。

参照:https://theculturetrip.com/north-america/usa/oregon/articles/why-is-portland-called-rip-city/
   https://www.basketball-reference.com/boxscores/197102180POR.html



#TakeNote

#TakeNoteはユタ・ジャズのSNS投稿に用いられるもので、直訳すると「注目する、注意する、気づく」にという意味になります。この場合だと「刮目せよ」みたいな感じですかね(間違ってたらごめんなさい)。

面白いのがこのTakeNoteというスローガン、元を辿るとSLC DUNKというジャズファンのコミュニティーにて最初に生み出されたという説があるのです。ただそのサイトを見ていくと、掲示板上にそのスローガンが出た後に公式より同じものが発表されたことから「もしかしたら公式がここのこと見てんじゃね?(笑)」みたいなノリで書いてあったので軽いジョークかな(笑)。ただファンの間で話題になったスローガンを球団が公式にしているとしたら中々粋ですねぇ。

参照:https://www.slcdunk.com/2016/10/24/13386522/nba-utah-jazz-preview-take-note-sartorii-badvoodoo



#RepTheDistrict
#RepTheDistrictは我らが八村選手所属のワシントン・ウィザーズのSNS投稿の際に用いられるスローガンです。ウィザーズが本境地とするワシントンDCは「The District」とも呼ばれることから、このスローガンは「ワシントンDCの代表」という意味ですかね(これも違ってたらごめんなさい泣)。皆さんも八村選手についてアップする際は#RepTheDistrictを付けてウィザーズを応援しましょう!

いかがだったでしょうか?NBAの文化に触れるのも中々興味深いですね。これからもカルチャーの面にフォーカスした記事もどんどん書いていきたいです!
ではまた!Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ