こんにちは! GoGoNBAです。

今日は12/19ワシントンDCのキャピタル・ワンアリーナで行われた八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ vs シカゴ・ブルズ試合について書いていこうと思います。Go

【試合結果】

<ワシントン・ウィザーズ109✕110シカゴ・ブルズ>
ハイライトはこちらから↓



はい、またイースタンカンファレンスの下位対決ですが紹介していきます(笑)。

まずはシカゴ・
ルズについて!バスケの神様マイケル・ジョーダンが長く所属していただけあって日本でも知名度の高いチームですね。

因みにスラムダンクの桜木花道擁する湘北高校のユニホームはブルズのものがモチーフとかなんとか。


このように強豪のイメージが強いブルズですが近年は勝てないシーズンが続いており、今シーズンも7勝12敗で大きく負け越し、イースタンカンファレンス11位に甘んじています。特に平均得点105.6点はリーグ30チーム中29位と中々点が取れず、ハイスコアゲームが多いリーグの中で苦戦しています。
(点が取れても勝てないどこかのチームもありますが…。)

そんなブルズからは2名の選手を紹介します!

まずはエースのSGザック・ラビーン

彼の最大の魅力はなんといっても豪快なダンク!
2015、2016年と2回もスラムダンクコンテストチャンピオンに輝いており、特に2016年決勝のオーランド・マジックFアーロン・ゴードンとの対決は必見です。
動画はこちら↓


そんなラビーンですが、近年はエースとしてどこからでも点が取れるスコアラーに成長しており、11/22のシャーロット・ホーネッツ戦ではNBA史上2位の13本の3Pを含む49得点を荒稼ぎし、チームを勝利に導きました。まだ24歳と若いラビーン。今後の成長も要チェックや!


もうひとりはGトマス・サトランスキー。「あれ、なんか聞いたことある名前だな」と思った方もいるかもしれません。そう、彼は今年のFIBAワールドカップでチェコ代表のエースとして日本代表を撃破し、チェコを6位に導いた選手です!ユーロリーグで長く活躍した彼は201㎝の長身ながらPGを務める器用さを持ち、オールラウンドに活躍しています。また、昨シーズンまではワシントン・ウィザーズに所属しており古巣対決になります。 
ワールドカップでの雄姿はこちら↓

因みにこの二人遠目から見るとかなり似ており、楽天NBAの実況も何度か間違えてました(笑)。



対するウィザーズは説明不要ですよね(笑)。簡単に言えば
沢山点が取れるけどそれ以上点が取られるチームです。
平均得点リーグ2位平均失点リーグ30位


そんなウィザーズの注目選手は新戦力の
Cアンジェス・パセニクス!彼はベルターンズと同じ
ラトビア出身、218cmのビッグセンターです。
今日のロスターを見たら知らない選手がいたので誰だと思って調べてみたところ、ウィザーズの下部組織「Capital City Go‐Go」の選手で急遽2way契約を結んだみたいです。
(まだまだ勉強不足です…。)
トマス・ブライアント、モリッツ・ワグナー、八村選手とインサイドプレイヤーが揃って故障中のため、チームから彼にかかる期待は大きいでしょう。


ただ、彼が2way契約を勝ち取るにあたってPGクリス・チオーザが解雇されました。うーん、勝負の世界とは言え悲しいですね。アイザイア・トーマスが怪我で欠場している際にはその穴を埋める活躍をしていましたが…。個人的に渋くて好きな選手だったのでNBAにカムバックしてほしいです。


さて、そんな今日の試合でしたが
ブルズの粘り勝ちでしたね


相変わらず得点は伸びませんでしたがウィザーズのエース、ブラッドリー・ビールをFG21%に抑えたPGクリス・ダンを始め、終始リードはされていたもののウィザーズお得意のハイスコアゲームにさせなかったのが大きいですね。オフェンスに関しては2年目のラウリ・マルカネンがゲームハイの31得点とよく試合を繋ぎました。

そして4Q後半の怒涛の追い上げ、特にラビーンは緊張感のあるFTをすべて沈め、エースとしての役割を果たしました。サトランスキーの延長戦2本の3Pも大きかった。
ブルズにとってはつらい時間をじっと耐え抜いて一閃のチャンスをつかみ取った価値あるゲームになりました。

対するウィザーズは自ら勝利を投げ捨ててしまった形になりました
新加入のアンジェス・パセニクスが9得点8リバウンドと期待以上の活躍、ベルターンズは3Q後半に3P を3連続で決めるいつも通りの活躍で26点7リバウンドなど終始ペースを握り、4Q途中で最大18点のリードがあったものの5分足らずで溶かされてしまいました。


また残り0.5秒でビールが値千金のゴールを決め2点勝ち越しましたが、直後のスローインでFアイザック・ボンガがラビーンに痛恨のファール。そのFTを2本とも決められ延長戦へ、そして延長戦で力尽きました。


今日はオフェンスがあまり良くなかったですね。終始リードはしていたものの、素早い展開に持ち込むことなく相手のペースに合わせてしまった感じがします。加えてゲーム終盤はビール主体のセットオフェンスに時間を使い過ぎて苦しいシュートになり、逆に相手に決められる展開が多くみられました。


今のウィザーズにはビールやベルターンズが抑え込まれ苦しい展開の際に自ら起点となって点が取れる選手が必要ですね。


【今日の八村】・・・お休み村
八村選手は最速でも12/24のニューヨーク・ニックス戦での復帰になるようです。
早く帰ってきてくれー。

ではまた!Bye Bye