Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

アトランタ・ホークス



徹底討論!今期のトレード勝者はだれか?①

こんにちは!

いよいよオールスターブレイクを一週間後に控え、各チームプレーオフに向けもう一度エンジンを入れ直す時期になってきましたね。

そんな中でトレードデッドラインギリギリで入団した選手も試合にでてくるようになり、また勢力図にも影響を与えそうな予感がひしひしとします。

↓トレードされた選手をまとめた一覧はこちらの記事よりご覧ください。


そこで今回はNBA30球団の中でトレードを成功させた球団はどこか?考察していきたいと思います。Go!

勝者①:ミネソタ・ティンバーウルブズ

■獲得
・マリーク・ビーズリー(←ナゲッツ)
・フアン・エルナンゴメス(←ナゲッツ)
・エバン・ターナー(←ホークス)
・ジャレッド・バンダービルト(←ナゲッツ)
・オマリ・スペルマン(←ウォリアーズ)
・ディアンジェロ・ラッセル(←ウォリアーズ)
・ジェイコブ・エバンス(←ウォリアーズ)
・ジェームズ・ジョーンズ(←ヒート)
・アレン・クラブ(←ホークス
■放出
・ロバート・コビントン
シャバズ・ネイピア
・ケイタ・ベイツ・ディオップ
・ノア・ボンレイ
・アンドリュー・ウィギンズ
・コーギー・ジェン
・ジェフ・ティーグ
トレイビオン・グラハム

まず1チーム目はウルブズ。

コビントン、ウィンギンズを放出し、マリク・ビーズリーやD-loを獲得するなど大きく血の入れ替えを実施しました。

特にウィギンズはクリーブランドからトレードで来てからチームの顔として活躍しており、放出にはかなりの覚悟が必要だったと思います。

そんな放出を決断したのはD-loことディアンジェロ・ラッセルの獲得ができたからでしょう。

というのも彼は優れPGであることはさることながら、もう一人のチームの柱であるカールズ・アンソニー・タウンズの大親友であるのです。

つまりウルブズはウィギンズとの未来よりD-lo&KATのデュオに球団の将来を懸けたといえるでしょう。

EOMrnxhU4AIsEF3

ミネソタのようなスモールマーケットは中々FAで補強することは難しいので、将来を期待できる二人を同じチームにそろえたことは評価できます。

それにD-loはピック&ロールが得意なプレイヤーなのでKATとの相乗効果は抜群でしょう。

更に今期のトレードが成功だったといえる要因は3P の強化があげられます。

今シーズンのウルブズは3P成功率が33%でリーグ29位と低迷、ハイスコアな展開が続く現代のNBAでこれはかなりディスアドバンテージといえるでしょう。

そこでこのトレードではD-loはもちろんのこと、マリク・ビーズリー、ジェームズ・ジョンソン、アレン・クラブとシュートがうまい選手を補強しました。

その効果はさっそく出ており2/9の試合では一試合26本もの3P を沈め、優勝候補クリッパーズを撃砕しました。

今シーズン13連敗しており上手くいっていないウルブズですがかなりいい補強ができていると思います。

ただ、かなり戦力が入れ替わったのでフィットをするまで時間がかかるので少し様子見でしょう。

トレード勝者②:アトランタ・ホークス

■獲得
・クリント・カペラ(←ロケッツ)
・ネネ(←ロケッツ)
・デリック・ウォルトンJr(←クリッパーズ)
・スカル・ラビシエ(←トレイルブレイザーズ)
・ドウェイン・デドモン(←キングス)
・ジェフ・ティーグ(←ウルブズ)
トレイビオン・グラハム(←ウルブズ)
・現金

■放出
エバン・ターナー
・アレックス・レン
・ジャバリ・パーカー
・アレン・クラブ
2024年ドラフト2巡目指名権
ドラフト2巡目指名権(条件付き)

続いてはイースタンで苦しむアトランタ・ホークス。

若きエースであるトレイ・ヤングが一人奮闘も、勝てていないチームです。

そんなホークスはチーム平均失点はウィザーズに次ぐ29位とボロボロ。

若い選手が多くということもあって中々波に乗ることができていません。

そんなホークスはカペラ、デドモン、ラビシエとインサイドプレイヤーを主に補強。

カペラはロケッツのゴールを長年守ってきたビッグマンでリバウンドとリムプロテクトには定評があります。

また25歳とまだ若く、ヤングとのコンビネーションもこれからどんどん良くなっていくでしょう。

古巣への復帰となったデドモンは去年キャリアハイの数字を残し、キングスに移籍しましたが中々出場機会に恵まれずホークスに戻ってきました。

頼れるベテランなのでベンチを支えてくれるでしょう。

また復帰という意味ではティーグの存在も大きいと思います。

スラッシャーとして強豪時代のホークスを支えたPGですからプレーはもちろんのことヤングのメンターとしても期待できます。

若いプレーヤーの成長と新戦力の融合、これが果たされれば強豪への返り咲きも夢ではないでしょう。


いかがだったでしょうか?まだまだトレードの勝ち組について書ききれていないので、次回以降記事を書いていこうと思います。

それでは今日はこの辺で!Bye!

期待の若手対決!!未来のスーパースターを見逃すな!【ホークスvsニックス】


今回はニューヨークのマディソンスクエアガーデンで行われたニューヨーク・ニックス対アトランタ・ホークスについて書いていきたいと思います。Go!!

 【試合結果】

ニューヨークニックス143-✕120アトランタホークス>

ハイライトはこちらから↓


実はこの対決、東のチームの同率最下位同士の対決だったんです・・!!(笑)

なんだよ雑魚チーム同士の試合かよ!解散解散~と思った方、
今こそ下位チームについて知り、そのチームが優勝した時に

「あの時は全然勝てなかったけど俺は優勝するかもって思ってたゼぇ~」

とどや顔で語りましょう。


さて、今年のニックスですが、リーグ全体で最下位のオフェンスレーティング(102.7得点)を誇る超絶点が取れないチームです。

特にフリースローは平均68.4%と断トツの低さです。

今オフ、FAで大物スターを狙っていましたが、結局獲得できずどうなるのか?といった感じですが、RJ・バレットやジュリアス・ランドルを始めとした若手とベテランビッグマンでチームは構成されています。

また昨シーズンから指揮をとっていたデビッド・フィズデールが解雇され、暫定ヘッドコーチとしてアシスタントコーチを務めていたマイク・ミラーが新HCとしての体制です。(ちなみにマイク・ミラーは昨シーズンのGリーグでニックス下部チームを優勝に導いた実力派です)

対するホークスは、一人怪物のようなスタッツを残している方がいます。

2年目のPG、トレー・ヤングです。



今シーズンは特に孤軍奮闘といった感じで、同期のルカ・ドンチッチが話題になっていますが、ヤングも全く引けを取っていないほどの化け物です。

大学時代からその得点能力とアシスト能力は注目されていました。



そんな彼と、多くのポテンシャルのある若手でホークスは構成されています。


結果としては、

リーグ最弱のオフェンスを誇るニックスが前半で77得点を取り、終始ホークスを圧倒しました!

ホークスはトレー・ヤングが42得点、8アシストと相変わらず化け物スタッツを残すも、チームを勝利へ導くことができませんでした。

そしてこのゲームのMVPとしては、デューク大学出身のRJ・バレットです。

 

今シーズン、強みである得点能力を思うように発揮することがあまりできていませんでしたが、今シーズンハイの27得点と大活躍

また2年目のセンター、ミッチェル・ロビンソンも22得点、13リバウンドでチームを勝利に導きました。
若い選手中心のチーム同士の試合でしたが、選手それぞれをしっかりと育成することができれば、どちらのチームも近い未来イースタンカンファレンスを盛り上げているかもしれませんね。

特に今回紹介した、トレー・ヤングと、RJ・バレットはこの先どれだけ伸びるのか、目が離せませんね!!

ではまた明日お会いしましょう!Bye!!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ