Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

NBAオールスター



㊗オールスター八村選手出場!ライジングスター出場選手をまとめてみた

こんにちは!

今日はいいニュースが二つあります!
一つ目は八村選手が2月3日のブルックリン・ネッツ戦で復帰することが正式に発表されたことです。いやー長かった。これでようやく八村選手の活躍でウキウキできます。

そしてもう一つはなんと!八村選手がライジングスターズのチームワールドに選出されたことです!
当然ですが日本人がオールスターに出場するのは初!歴史的快挙です、こんな日が来るなんて夢にも思いませんでした。(オールスターについてはこの記事を参照ください http://ikeikenba.com/archives/5427112.html )




そこで今回はそんな八村選手と一緒に出場するであろう、選出されたプレーヤーを紹介していきたいと思います!Go!

Team World  出場選手

今年もライジングスターチャレンジは出身地ごとに「Team World」vs 「Team USA」に分かれて戦います。八村選手はもちろんワールドですね。
EPoAS6dX4AAttQn

ではメンバーの紹介です。(☆は2年目、△はルーキー)

☆ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス、スロベニア出身)
☆ディアンドレ・エイトン(フェニックス・サンズ、バハマ出身)
☆シャイ・ギルジャス・アレキサンダー(オクラホマシティ・サンダー、カナダ出身)
☆モリッツ・バグナー(ワシントン・ウィザーズ、ドイツ出身)
☆スビ・マカルック(デトロイト・ピストンズ、ウクライナ出身)
☆ジョシュ・オコーギー(ミネソタ・ティンバーウルブス、ナイジェリア出身)

△八村塁(ワシントン・ウィザーズ、日本出身)
△RJ・バレット(ニューヨーク・ニックス、カナダ出身)
△二キール・アレクサンダー・ウォーカー(ニューオリンズ・ペリカンズ、カナダ出身)
△ブランドン・クラーク(メンフィス・グリズリーズ、カナダ出身)

いやー恐ろしく豪華!数年後のオールNBA1stチームがこの中のメンバーで占められるといわれても驚きませんもん(笑)。なんていったって2018年ドラフト1位エイトンと3位のドンチッチのデュオが見れるのがすごい!ドンチッチは言わずもがな、エイトンも恐ろしい選手です。今年は薬物反応が出て出場停止が課されましたが復帰後はゴール下を支配しています。



そして快進撃を続けるサンダーの若きエース、SGAことシャイも必見です。彼のプレーは華がありますよね、見ててとても楽しいプレーヤーです!チームにクリス・ポール、デニス・シュルーダーといういいお手本がいるのでどんどん成長しています。



他には八村選手と同僚のワグナー、売り出し中のオコーギー、マカルックと頼れる先輩が並びます。

1年目の選手もタレント揃い、まずはニューヨークの星ことRJバレット。高い身体能力を持ち、ニューヨーカーをワクワクドキドキさせる選手、Duke時代は八村選手とやりあっていた選手ですがここで共闘になります。



そして八村の同窓、ブランドンクラーク。彼はとにかく高く飛ぶ選手、リバウンド、ダンクにと迫力満点のプレーは要チェックや!



他にもNAWことキール・アレクサンダー・ウォーカーもいます。実は彼、SGAの従妹です。恐ろしい一族ですね(笑)。従妹コンビにも注目です。
 


Team USA 出場選手

それではTeam USAの選手について紹介していきます。
EPoAS7HW4AYk6mR

☆トレイ・ヤング(アトランタ・ホークス)
☆ジャレン・ジャクソンJr(メンフィス・グリズリーズ)
☆マイルズ・ブリッジズ(シャーロット・ホーネッツ)
☆ウェンデル・カーターJr(シカゴ・ブルズ)
☆デボンテ・グラハム(シャーロット・ホーネッツ)

△ザイオン・ウィリアムソン(ニューオリンズ・ペリカンズ)
△ケンドリック・ナン(マイアミ・ヒート)
△ジャ・モラント(メンフィス・グリズリーズ)
△エリック・パスカル(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
△タイラー・ヒーロー(マイアミ・ヒート)
△PJワシントン(シャーロット・ホーネッツ)

こちらの最注目は2019年ドラフト1、2コンビ!
復帰して否やNBAの地で暴れまくる怪物、ザイオン・ウィリアムソン。豪快すぎるそのプレーは正しくオールスター向きです。



そして新人王候補筆頭のモラント、彼もずば抜けたスピードと変幻自在のアシストでハイライトを量産しています。


そして忘れてはいけない2018年全体2位のヤング、今年は低迷するチームの中一人奮闘しています。華麗なドリブルスキルと高確率の3Pショットを本戦でもライジングスターでも見られるのは幸せです。



他に2年目の選手としては高確率な外角シュートを得意とするJJJことジャレン・ジャクソン、ウェンデルカーターJr、ホーネッツを引っ張る若手コンビ、マイルズ&グラハムがいます。

1年目で他に注目したいのはケンドリック・ナンとエリック・パスカルのドラフト外コンビ!
二人ともドラフトにはかからなかったものの見事にチーム内での地位を確立し、NBAを代表する選手に成長しています。

[




他にもマイアミのシューター、ヒーローやホーネッツのPJワシントンもいるのでどんな活躍をするのか楽しみですね。





いかがだったでしょうか?皆さん当日はぜひ観戦し、八村選手を応援しましょう(笑)。

それでは今日はこの辺で!Bye!

【あなたの一票が歴史を変える】全米大注目!NBAの祭典を見逃すな!

こんにちは!

突然ですが皆さんはスポーツの祭典と言ったら何を思い浮かべますか?
オリンピックかな~、サッカーのW杯だろ、いやいやラグビーW杯・・・等々。

そこで私がおススメしたいのは全米が熱狂する一大イベント、NBA ALL STAR GAMEです。
今日はそんなオールスターのスゴイところを4つ紹介したいと思います!GO!


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
1.NBAのスーパースターが一挙に集う!

なんといってもこれがオールスターの醍醐味でしょう。今年は2/14〜2/16にシカゴ・ブルズの本拠地、ユナイテッド・センターに選ばれしNBAのスター選手が集まります。「NBA見るのは楽しいけど、知ってる選手だけみたいなあ」と思っているそこのあなた!オールスターを見ましょう。



NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
2.豊富なコンテンツ

NBAのオールスターはなんといってもコンテンツが豊富!
一部ではありますがおススメを紹介しましょう。

1日目  

・NBAライジングスター
1年目(ルーキー)、2年目(ソフォモア)の選手によって構成されたチームで行う対抗戦です。長くルーキーVSソフォモアの構図でしたが、現在ではアメリカ出身選手で構成されるTeamUSA VSその他地域出身のTeamWorldというチーム分けになっており、我らが八村選手もワールド側での出場が期待されます。是非オールスターでも八村選手の活躍をみたいですね!



2日目
・スキルズ・チャレンジ
簡単に言うとNBA版障害物競走ですね。パス、ドリブル、シューティングの技術を競う競技で、各アトラクションをクリアした時間で競います。面白いのはこの競技、スキルに勝るガードの選手が有利と思いきや長身選手がかなり奮闘してるんですよね。普段は見せない長身選手の華麗なハンドリングに要チェックや!



・3Pコンテスト
これは誰がNO.1のシューターか競う競技。ルールは単純明快で、25球の中で1番決めた人が優勝です。といってもそのうち5球はマネーボールと呼ばれ、これを決めると2点になりますので以下にこのボールを落とさないかが勝負のカギになりますね。3P最盛期のこの時代なので、近年レベルの高い戦いが続いています。今年は誰が頂点を掴むのか...楽しみですね。



・スラムダンクコンテスト
はい、これは見てて一番楽しいかもしれません。化け物ぞろいなNBAの中で、特に身体能力に自信のある猛者たちが豪快なダンクをブチかます熱狂的な競技です。かつては現アトランタ・ホークスのビンス・カーターやかのマイケル・ジョーダンが一晩で伝説を残しています。最も会場を熱狂の渦に畳み込むこの競技、今年はどんな伝説が生まれるのか...考えただけでワクワクします。


3日目
NBAオールスター・ゲーム
これぞNBAの主役!説明は次の項でします(笑)


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!

3.普段とは違うスーパープレー

オールスターゲームで見られるプレーはシーズンやプレーオフとは少し違います。というのも勝利第一のシーズンやプレーオフとは違い、お祭りムードの中で魅せるプレーが多いのです。豪快なアリウープやディープ3Pなど見応えは抜群!思わず叫んでしまいます。


更に更にシーズンでは見られないスター選手の共演!過去に実現したKDことブルックリン・ネッツ所属ケビン・デュラントとMr.トリプルダブルことヒューストン・ロケッツ所属ラッセル・ウェストブルックの元オクラホマシティ・サンダーデュオなど普段敵チーム同士が魅せる見事なコンビネーションは必見です!


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
4.あなたも夢の祭典に参加可能!

「いや~面白そうだけど、やっぱアメリカでやってると親近感わかないなー」と思っている方、大丈夫です。実はこの祭典、私たちが出場選手を選ぶことが出来るんです。

それがこちら↓ イースタン・カンファレンス、ウェスタン・カンファレンスから計10名選べます。



ちなみに毎日投票できるので、好きな選手には毎日投票しましょう!
あなたが好きな選手がNBAの歴史を変えるかも?

それではまた!Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ