Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

NBAオールスター



伝説的な熱戦!!2001年オールスターゲームを振り返る


GettyImages-72858150-500x334

2020年NBAオールスターは新フォーマットの導入もあり、かつてないほどの熱戦となりました。 

そこで今回は、オールスター史上最高のゲームともいわれている2001年の試合を振り返っていきます。

Go!!

2001年オールスターメンバー

イースタンカンファレンス


GettyImages-1690739

〈スターター〉
G‐アレン・アイバーソン(PHI)
G‐トレイシー・マグレディ(ORL)
F‐ビンス・カーター(TOR)
F‐グラント・ヒル(ORL)
C‐アロンゾ・モーニング(MIA)

〈リザーブ〉
G‐レイ・アレン(MIL)
G-アラン・ヒューストン(NYK)
G-ステフォン・マーブリー(NJN)
F‐アンソニー・メイソン(MIA)
F-グレン・ロビンソン(MIL)
F‐ラトリル・スプリーウェル(NYK)
C-アントニオ・デイビス(TOR)
C-ディケンベ・ムトンボ(ATL)
C-テオ・ラトリフ(PHI)

ウエスタンカンファレンス


GettyImages-1690740

〈スターター〉
G-ジェイソン・キッド(PHO)
G-コービー・ブライアント(LAL)
F-クリス・ウェバー(SAC)
F-ティム・ダンカン(SAS)
C-シャキール・オニール(LAL)

〈リザーブ〉
G-マイケル・フィンリー(DAL)
G-ゲイリー・ペイトン(SEA)
F-ケビン・ガーネット(MIN)
F‐カール・マローン(UTA)
F-アントニオ・マックダイス(DEN)
F-ラシード・ウォーレス(POR)
C-デビッド・ロビンソン(SAS)
C-ブラデ・ディバッツ(SAC) 

試合内容




オールスターと言えば序盤はゆったりとショーも兼ね、4Qから本気になっていくというのが恒例であったがこの年のオールスターゲームは序盤から本気モード。

ディフェンスも走って戻り、オフェンスも全力で走り、ブロックにもガンガン狙いに行く。

この雰囲気を作り出したのはこの年のシーズンMVP、得点王を受賞したアレン・アイバーソンです。

allen-iverson

3Qを終えた時点でウエストが19点差をリードしていましたが、ここからアイバーソンを中心に巻き返していき、4Q残り3分で同点に。

そして再びウエストが逆転し残り53秒ではウエストが3点リード。

ここでイーストのマーブリーが3Pを決め再び同点に。

さらにウエストはコービーが再びジャンプシュートを沈めて2点リード。

しかし、ここでまたもイーストはマーブリーが3Pを沈めて1点リード!

このままイーストが逃げ切り、なんと最大21点差を逆転しての勝利を収めました。

この戦いには多くのファンが熱狂しました。

9c675443a61c0acfcf4ed6772fa0ef61

そしてこの試合イースト勝利の立役者だったアレン・アイバーソンは、

「人々は俺たちに対してサイズがないから勝てないといった。だけど大事なのはサイズじゃない、ハートのサイズなんだ」

と言い、オールスターMVPを受賞しました。

まとめ


いかがだったでしょうか?

お祭りのオールスターとはいえ、やはりファンからすれば選手たちが本気でぶつかり合う試合を見たいですよね!

2020年もオールスターウィークエンドをはじめオールスターゲームでも本気の勝負を見ることが出来ましたね。

来年度以降もこのような熱い戦いが見られることを期待しましょう!

今回はこのあたりで。

Bye!

歴史に残るガチンコ勝負!新フォーマットで迎えたオールスターゲームはTeamレブロンの勝利!

こんにちは!

今日は本年のオールスターウィークエンドの最大の目玉、オールスターゲーム in Chicagoについて書いていこうと思います!Go!

↓オールスターの出場選手についてはこちらの記事をご覧ください


試合結果 Teamレブロン 157 - 155 Teamヤニス✕




先日の事故で逝去したNBAのスーパースター、コービー・ブライアントと事故の犠牲者に哀悼の意を表してTeamヤニスは彼の背番号である24を、Teamレブロンはコービーの娘のジアーナの背番号である2を背負って行われた今年のオールスターゲーム。

近年稀にみる熱戦となりました!

今年は新フォーマットが採用され、最初の3クォーターは0-0からゲームをスタートし、12分間で勝敗を決する1Q 制になり、最終クォーターは3Qにリードしているチームの得点に24点を足した得点に先に到達した方の勝ちという時間制限なし、ガチンコ勝負になりました。

1Q~3Qは例年の通りリーグを代表するスターの華麗なプレーが披露されました。

キャプテン・ヤニスの怪物スラム、レブロンのゴライブなど持ち味十分のプレーだけでなく、普段は滅多に見せないクリス・ポールのアリウープやトレイ・ヤングのハーフコートショットなどまさしくお祭りでした!



そして133-124とTeamヤニスがリードして迎えた最終クォーター。

ファイナルスコアに設定された157点を目指して両軍が激突しました。

これまでのお祭りムードとは打って変わってまるでプレーオフのよう。

相手からチャージングを引き出すラウリー、レブロンとヤニスのゴリゴリの1on1、レナードの鉄壁のディフェンス、ヤニスのゴールテンディングに対するチャレンジ要求など近年のオールスターには見られない真剣プレーのオンパレードでした!



試合展開は一進一退で最後の最後までどちらが勝つかわからない熱戦、最後はゴール下でファールを受けたADがフリースローを決め勝負あり。Teamレブロンが勝利をおさめました。

コービーブライアント賞(MVP):カワイ・レナード


そして偉大なコービーの名を冠した今大会のMVPはクリッパーズのカワイ・レナード!

8本の3Pを炸裂させ、30得点。終盤には鉄壁のディフェンスでTeamヤニスを苦しめました。

新フォーマットがオールスターゲームをよりよいものに


そして今回の盛り上がりは新フォーマットの影響も大きかったと思います。

近年アメリカンスポーツではオールスターゲームの人気が低迷しており、NBAもその例に漏れず苦戦を強いられていました。

その大きな要因は「マンネリ化」です。かつてはでスターたちが真剣勝負を繰り広げ観客を熱狂させましたが、近年のオールスターはとにかく点数が入る大味な試合が多く新鮮味に欠ける試合ばかりでした。

しかし今回設定された「ファイナル・ターゲット・スコア」は各プレーヤーに競争心を再び植え付け、とても熱のある試合に変えたと思います。

もちろん何事にも全力でプレーしたコービーへのリスペクトも大きいと思いますし、コービーもこのようなオールスターを望んでいたでしょう。

やはり観客が見たいのは最高のプレイヤーがみせる真剣な勝ちへのプレー。

今回のフォーマットがオールスターゲームを熱狂的なものにしてくれるはずです!

それでは今日はこの辺で!Bye!


八村塁ライジングスターチャレンジにスタメン出場!試合はUSAが逆転勝利!

こんにちは!

今日は本日行われた八村塁選手出場のライジングスターチャレンジについていこうと思います!Go!
↓出場選手をまとめた記事はこちらから



【試合結果】✕World 131-151 USA 


試合結果はアメリカ出身選手で構成されたチームUSAが勝利しました。内容としてはセカンド組の出来が結果に直結したって感じでしたね。Worldはセカンドユニット4人が得失点-28で、USAは全員+33とスタッツから見ても圧倒的です。

まあ結果はともかく面白い試合でしたね。常にニコニコのドンチッチが決めたハーフコートショットやヤングのディープスリー、ザイオンのリング曲げアリウープにモラントの360度ダンクなど今後NBAを背負っていく選手たちの豪華な競演でした!




そんな中でMVPを獲得したのは20得点、5リバウンド、5アシストを挙げたシャーロット・ホーネッツの

マイルズ・ブリッジズ!

後半の猛チャージで見事MVPを勝ち取りました。

特にすごかったのは鋭いドライブから自分でボードにボールを挙げてかました

一人アリウープ!

正しく圧巻の一言でしたね。

今日の八村・・・十村

日本人初のライジングスターチャレンジに出場した八村選手。正直選ばれて怪我さえしなければ今日は満点だと思ってます。

しかしそこはこちらの期待を超えてくることに定評がある八村選手。1Qにはドンチッチからのロブパスを叩き込むなどダンクを連発!終わってみれば14得点7リバウンド4アシストと堂々の結果を残しました。



これでスターの仲間入りですね。八村選手には来年もライジングスターチャレンジ、ひいてはオールスター本戦に出場できるような選手になってほしいです!

それでは今日はこの辺で!Bye!

【カッコよすぎる!?】2020年NBAオールスターのユニフォームデザインが発表!!


2月15日~17日(現地14日~16日)にシカゴで開催されるNBAオールスターウィークエンド。 

そこでのオールスターゲームで着用される各種ユニフォームのデザインが2月3日に公開されました。

全8種類あるということでそれぞれ見ていきましょう。Go!

デザインのモデルは?


今回のユニフォームのモデルとなったのは、シカゴにある8つの路線図の色

chicago-subway-map

色は、赤、青、紫、オレンジ、緑、ピンク、茶色、黄色の8色。

またユニフォームのデザインに、シカゴの市旗の六芒星が使われており、90年代のシカゴブルズのユニフォームの雰囲気も取り込まれています。

ブランドはジョーダンです。

ユニフォームのデザイン


オールスターゲーム


チームレブロン

IMG_6518

チームヤニス

IMG_6517


ライジングスターズゲーム

チームUSA

IMG_6520

チームWORLD


IMG_6519

セレブリティゲーム presented by Ruffles


IMG_6522

IMG_6521

NBAケアーズ スペシャルオリンピックス ユニファイド バスケットボールゲーム


IMG_6524


IMG_6523

第69回となるNBAオールスター2020。

今年のユニフォームはどうでしょうか?

開催地シカゴからデザインがインスパイアされているという、土地の特色を楽しめる点もオールスターの見どころでもありますね。

NBAオールスターをもっと知りたいという方はこちらをご覧ください⇩












では今回はこのあたりで。

Bye!


【NBAオールスター】スラムダンクコンテスト 歴史に残った名勝負まとめ


GettyImages-3061387-500x388

NBAオールスターウィークエンドの目玉といっても過言ではないスラムダンクコンテスト。

今回はそんなスラムダンクコンテストの歴代の中から名場面や名シーンを紹介していきます!

Go!

スラムダンクコンテストとは?



ルール

・第一ラウンドの中から2人が決勝へ進出できる。

・一回の挑戦で2回までの失敗ならノーカウントとみなされる。

・審査員5人が6~10点で採点し、第一ラウンドと決勝の合計得点で優勝者が決まる(最低30点~最高50点)

・ダンクにおいてのパフォーマンス等においては特に制限はない。




スラムダンクコンテストは若手の登竜門として多くの未来のスターたちが参加します。

審査員が独断と偏見で点数をつけるのでいかに会場を盛り上げられるかがキーとなります。

スラムダンクコンテスト歴史的場面


マイケル・ジョーダン VS ドミニク・ウィルキンス(1988年)


GettyImages-492645463-500x354

マイケル・ジョーダンの所属チーム、ブルズのホームコートシカゴにて開催された1988年オールスター。

ジョーダンは1987年の大会でも優勝していたため、連覇のかかった勝負となりました。

決勝へ進んだ相手は1985年の優勝者、アトランタ・ホークス所属「ヒューマンハイライト」ことドミニク・ウィルキンス

この大会はジョーダンVSウィルキンスという大会でした。



(決勝ラウンドは15:15~)

決勝での2回のダンクの後、二人の合計点数は同点。

三回目の延長となりました。

そしてここであの有名なジョーダンのフリースローダンクが炸裂。

10

ここで50点満点をたたき出し、見事連覇を達成しました。


史上最高のパフォーマンス(2000年)


IMG_6437


2000年のスラムダンクコンテストは、例年に比べてレベルが高く、優勝者以外の参加者どの選手もほかの年に出場していたら優勝していた、と言われていた年だった。

その優勝者とは、言わずと知れたヴィンス・カーター





カーターのダンクがあって圧倒的過ぎて優勝を決めるというよりもただただ伝説的なダンカーのショーを見ているという形になっています(笑)

解説者の「レッツゴーホーム!!」「イッツオーバー!!」

は有名な名言として残っています。

ジョーダンVS ウィルキンス以降、盛り上がりに欠けていたスラムダンクコンテストの盛り上がりを復活させたカーターは、史上最高のダンカーとして今も語り継がれています


ネイトロビンソンリーグ史上初の3V


ニューヨークニックスに所属していたネイト・ロビンソンは、2006年、2009年、2010年の三度スラムダンクコンテストに出場して、史上最高の3回の優勝を果たしています。

このネイト・ロビンソンですが、なんと身長175㎝。

そんな身長でのハンデも感じさせないほどにダイナミックでパワフルなダンクで観客を沸かせました。

ネイトロビンソンと言えば、人間越えダンク。




2006年には1986年に優勝した167㎝のダンクコンテスト覇者、スパット・ウェブを飛び越えてのダンク。

2010年にはスーパーマンの格好をした2008年の覇者ドワイトハワードを、クリプトネイトとして登場してこちらもまたハワード越えのダンクを披露。

アイデアも含め、史上最高ダンカーの一人として数えられています。

ザック・ラビーン VS アーロン・ゴードン(2016年)

a26d08b140a16af33b57a40076749f52


この年の対決は1988年のジョーダンVSウィルキンスに並ぶほどの熱戦となりました。

2015年の覇者ラビーンと2年目のゴードン両者ともに予選を難なく通過し、決勝にて二人の一騎打ち。




最初の2回の挑戦は二人ともにすべて50点をたたき出し、延長のサドンデスに突入。

その後もう一度互いに50点を記録後、4度目の挑戦に突入。

ここでラビーンは再度50点を記録、対するゴードンは47点。

ラビーンが熾烈な戦いを制して見事連覇を達成しました。

usa-today-8384724.0

ちなみにラビーンは一回戦から6本のダンクを披露し、5本のダンクで満点を記録

歴史に残る一戦となりました。


いかがだったでしょうか?

年によっては少し冷めてしまうこともありますが、身体能力がキレッキレの若手が披露する人間離れしたダンクはバスケファンとしては見ていて楽しくないわけがありません。

また、道具を使ったりなど、ダンク以外での楽しみもこの大会の見どころです。

では今回はこのあたりで!

Bye!



読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ