Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

八村塁



謎のチームがリーグを混沌(カオス)に導くのか?ボロボロのウィザーズの強さに迫る!

こんにちは!

NBAのシーズンもそろそろ半ば、皆さんはどこのチームに注目していますか?
キング・レブロンの率いるレイカーズ?それとも優勝請負人レナードをはじめに勝負人が揃ったクリッパーズ?

私はなんといってもン・ウ! 
(といっても八村選手目当てで見始めたにわかなんですけどね。)



しっかしウィザーズ、とにかく勝てない。日本のスポーツニュースでは「八村選手○○得点の活躍!なおチームは…」というワードが頻出しました。

その八村選手も不幸な事故で負傷し、欠場中。エースのビールやスーパーシューターのベルターンズなどチームの主力もほぼ怪我で全滅。

「こんな状況じゃ絶望…」そう思っていましたが、ここにきて何かがおかしい。イースト3位のヒート、ウェスタン2位のナゲッツ、更にイースト2位のセルティックスまで次々撃破しました!

あまりにメンバーが変わりすぎて「謎のチーム」とまで形容されたウィザーズがなぜここにきて猛威を発揮しているのか、ここではその一部について考察しようと思います!GO!


謎のチームのここがすごい!
① あまりにメンツが謎


はい、いきなりすいません。生粋のウィザーズファンの皆様、怒らないでください(笑)。
というのもどうやらメンバーが揃わな過ぎて対戦相手の気が緩んでいるようなのです。

1/5にウィザーズに敗北したナゲッツのエースガードのジャマル・マレーは試合後次のようにコメントを残しています。

"「僕たちが相手をリスペクトしていたとは思えなかった。彼らはリーグの中でも下位のチーム。でもリーグの中で最もハードにプレーしているチームかもしれない。彼らは準備万端で向かってきた」"
(引用 https://basketballking.jp/news/world/nba/20200106/209731.html

この試合マレーは39得点と大活躍しており、とても慢心があったとは思えません。もしかしたら「全然勝てないチームのくせに主力全員怪我とか余裕っしょ(笑)」みたいに考えて臨んで不調だった選手がいたのかもしれないですね。

実際に敗北した試合、ナゲッツは3P20.7%、セルティックスは3P21.6%と絶不調。もちろんただの不調かもしれませんが、スポーツはメンタルの戦い。油断が焦りにつながり上手く試合が運べなかったのでしょうか。ただそれが一番ジャイアントキリングが起きやすいのです。


謎のチームのここがすごい!
② なぜか点を取られない


怪我人が続出する前のウィザーズの最大の弱点といえばディフェンス。言ってしまえば「100点取っても120点取られて負ける」を体現するチームでした(平均失点リーグワースト)。そんなウィザーズが勝利した試合、失点は105、114、94とその平均は104.3!これは平均失点リーグ3位のレイカーズとほぼ同じです。

正直相変わらずのディフェンスの日もあるんですが、明らかによくはなってきています。それには次の要因が大きいと思います。

①ディフェンスに定評のある選手のプレイタイムが伸びた
②インサイドのサイズがアップした
③ゾーンディフェンスの精度が上がった

①、②に関しては怪我の功名ともいえます。というのもけが人続出で急遽契約したゲイリー・ペイトンⅡ世やビッグマンのアンジェス・パセチニクス、今までプレータイムに恵まれなかったイザック・ボンガ、ギャリソン・マシューズという選手達がとてもいいプレーを見せているからです。

またディフェンスがよくなったことでオフェンスもハイペースになりすぎず、良い試合運びができています。このままの調子で言ってほしいですね。



謎のチームのここがすごい!
③ 攻撃が多彩


勝利したゲームでは日替わりでヒーローが誕生しました。ヒート戦ではセンターのイアン・マヒンミがキャリアハイの25得点、ナゲッツ戦ではフォワードのトロイ・ブラウンJrが25得点、セルティックス戦ではガードのイシュ・スミスが27得点とどこからでも点が取れるチームに変貌しています。

これに関してはいい意味でも悪い意味でもエースのブラッドリービールの離脱が大きいと思います。というのも以前のウィザーズが抱えていたビールがボールを持つと周りが動きが止まり、ボールを持った選手がビールを探していた悪い状況がビール欠場によって強制的に改善されたからです。

以前のウィザーズは4Qほぼビールにボールを持たせるなどオフェンス面でビールにかなり依存する方針で,正直それは他の選手にとってかなり窮屈そうに感じました。それに対戦相手にとってはビールを抑えるだけでいいのでやりやすかったと思います。

もちろんビールはチームに必要不可欠ですが復帰後もビールに依存するだけではなくこれからも各人がオフェンスに積極的になればさらに勝ちを重ねることができるでしょう。


つらつらと書き連ねましたが、ウィザーズはまだまだ可能性にあふれるチームです。
これからの益々の飛躍を期待しましょう!
それでは今日はこのへんで!Bye!

八村選手負傷退場のアクシデントもチーム力で勝ったウィザーズがピストンズを振り切って勝利!

こんにちは! GoGoNBAです。

ミシガン州デトロイトのリトル・シーザーズ・アリーナで行われた八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ vs デトロイト・ピストンズ試合について書いていこうと思います。Go


【試合結果】

ワシントン・ウィザーズ133 - 119デトロイト・ピストンズ✕>


ハイライトはこちらから↓


いやーおもしろい試合でしたね。

1Qにウィザーズが怒涛の攻撃で大量リードと思いきや2Qでピストンズの反撃、そこからの攻防は目が離せませんでした!
勝負の4Qも一進一退の展開でしたがも最後はアイザイア、ビール、ベルターンズの3Pで勝負あり。ウィザーズが連敗を4でストップさせました。



勝利したウィザーズはいいとこなしで敗戦したグリズリーズ戦からよく修正したと思います。今日はエースのSGブラッドリー・ビール(35P、13AST)、怪我から復帰したPGアイザイア・トーマス(23P、6AST)が高確率でシュートを決めるだけでなく、鋭いドライブからフリーの選手へパスを供給し流れるようなオフェンスを展開、ラトビアのレーザーことFダービス・ベルターンズ(35分/17P)を始め周りの選手も二人に応えるようにシュートを決めており、これぞ今年のウィザーズというような猛攻でした。

その中でも今年のドラフト2巡目42位Fアドミラル・スコフィールド(17分/9P)、2年目のFトロイ・ブラウンjr(27分/10P)等ベンチメンバーの若手が躍動していたのがいいですね。怪我人の多いウィザーズですから若い力の奮起に期待!


一方ピストンズは平均リバウンド数16.6本でリーグ1位のCアンドレ・ドラモンド、エースのPFブレイク・グリフィンが欠場し苦しい展開の中でPGデリック・ローズ(22P、6R、8AST)がチームを牽引していました。
彼は圧倒的なスピードとジャンプ力を武器に2008年ドラフト全体1位でシカゴ・ブルズに入団し、2011年にはシーズンMVPを獲得しながら膝の怪我に苦しみ一時は当時所属していたユタ・ジャズを解雇される憂き目を見ながら、不屈の精神で復活した苦労人です。
今日も果敢なリムアタック、3P、正確なアシストパスと全盛期にも劣らないパフォーマンスを見せてくれました。

ローズのスーパープレイはこちら↓



ただ今日のピストンズはインサイドプレーヤー2人を欠いたこともあり、簡単にペイント内へ侵入を許していたのが痛かったですね。
簡単にレイアップを決められるだけでなく、ディフェンスがドライブに集中してしまい外でフリーになっている選手に3Pをズバズバ決められてしまいました。

オフェンスにおいても随所に個人技に頼る単調な時間帯があったことが悔やまれます。次戦は昨年の王者トロント・ラプターズなので修正できないと厳しい戦いになりそうです。


【今日の八村】・・・五村(一村~十村の十段階)

八村塁選手は17分の出場で7得点、3リバウンドでしたが前半終了間際で味方のFアイザック・ボンガの足が股関節に当たり、そのままコートを後にしました。公式で打撲と発表がありましたが心配ですね…。まだシーズン、もとい八村選手のNBAライフは始まったばかり、無理しないで100%の力が発揮できるようにしてほしいです。

そんな中で今日はスクリーンからの2対2のプレーが光りました。ピック&ロールでマークがずれた後、相手が離れていればジャンプシュート、反応が遅れればドライブからのリバースで3Pプレイと多彩な攻めで相手を苦しめました。
この調子で技を磨いて八村選手にはどんな展開でも安定して得点のとれる選手になってほしいですね。


ではまた!Bye Bye


【夢の対決実現】八村塁vs渡邊雄太




こんにちは! Go!Go!NBAです。

今日は八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ vs 渡辺雄太選手所属のメンフィス・グリズリーズの
試合について書いていこうと思います。Go!Go!


【試合結果】

ワシントン・ウィザーズ111 - 128メンフィス・グリズリーズ






今日の試合はなんといっても初の日本人対決!八村選手渡辺選手が同時に同じコートに立つ歴史的対戦でした!このような日が来るとは…とても感慨深いです。



試合結果はグリズリーズが終始ウィザーズを圧倒し、勝利しました。
グリズリーズは今年のドラフト全体2位指名のPGジャ・モラントが18得点、4リバウンド、5アシストで牽引、同ドラフト全体21位のPFブランドン・クラークが25得点、4リバウンド、3年目のSFディロン・ブルックスが27得点と若手選手が躍動しました!



なかでも注目はブランドン・クラーク!ゴンザガ大学時代に八村選手とチームメイトで、その当時から高い身体能力を武器に八村選手とともにチームを牽引していました。
今日の試合でもその身体能力をいかんなく発揮されており、210㎝あるウィザーズのイアン・マヒンミの上から豪快にダンクを叩き込むなど、大活躍!
チームは違えど八村選手とはお互い高めあっていけるいいライバルとして競い合ってほしいですね!





Gリーグメンフィス・ハッスルでは主力として活躍しているものの、グリズリーズではあまり出番がもらえていない渡辺選手でしたが今日は今シーズン最多の7分出場で3リバウンドでした。中々ボールに触れられず、アピールはできませんでしたが何とか本契約につながる活躍をしてほしいですね。


対するワシントン・ウィザーズはエースのSGブラッドリー・ビール(FG% 34.8%)、今シーズン3ポイント好調のFダービス・ベルターンス(3P% 16.7%)が徹底的にマークされ自慢のオフェンスが沈黙、試合を通して流れをつかむことができませんでした。


【今日の八村】・・・四村(一村~十村の十段階)
八村塁選手は28分の出場で10得点、4リバウンドでした。8戦連続の二桁得点を記録しましたが、ファウルトラブルもあり思ったようなプレーは出来ませんでした。今日のように得点の伸び悩むような展開の際にはもっとリムに積極的にアタックして、ゴールをもぎ取ってほしいですね。

ではまた!Bye Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ