Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。

NBA雑談



伝説的な熱戦!!2001年オールスターゲームを振り返る


GettyImages-72858150-500x334

2020年NBAオールスターは新フォーマットの導入もあり、かつてないほどの熱戦となりました。 

そこで今回は、オールスター史上最高のゲームともいわれている2001年の試合を振り返っていきます。

Go!!

2001年オールスターメンバー

イースタンカンファレンス


GettyImages-1690739

〈スターター〉
G‐アレン・アイバーソン(PHI)
G‐トレイシー・マグレディ(ORL)
F‐ビンス・カーター(TOR)
F‐グラント・ヒル(ORL)
C‐アロンゾ・モーニング(MIA)

〈リザーブ〉
G‐レイ・アレン(MIL)
G-アラン・ヒューストン(NYK)
G-ステフォン・マーブリー(NJN)
F‐アンソニー・メイソン(MIA)
F-グレン・ロビンソン(MIL)
F‐ラトリル・スプリーウェル(NYK)
C-アントニオ・デイビス(TOR)
C-ディケンベ・ムトンボ(ATL)
C-テオ・ラトリフ(PHI)

ウエスタンカンファレンス


GettyImages-1690740

〈スターター〉
G-ジェイソン・キッド(PHO)
G-コービー・ブライアント(LAL)
F-クリス・ウェバー(SAC)
F-ティム・ダンカン(SAS)
C-シャキール・オニール(LAL)

〈リザーブ〉
G-マイケル・フィンリー(DAL)
G-ゲイリー・ペイトン(SEA)
F-ケビン・ガーネット(MIN)
F‐カール・マローン(UTA)
F-アントニオ・マックダイス(DEN)
F-ラシード・ウォーレス(POR)
C-デビッド・ロビンソン(SAS)
C-ブラデ・ディバッツ(SAC) 

試合内容




オールスターと言えば序盤はゆったりとショーも兼ね、4Qから本気になっていくというのが恒例であったがこの年のオールスターゲームは序盤から本気モード。

ディフェンスも走って戻り、オフェンスも全力で走り、ブロックにもガンガン狙いに行く。

この雰囲気を作り出したのはこの年のシーズンMVP、得点王を受賞したアレン・アイバーソンです。

allen-iverson

3Qを終えた時点でウエストが19点差をリードしていましたが、ここからアイバーソンを中心に巻き返していき、4Q残り3分で同点に。

そして再びウエストが逆転し残り53秒ではウエストが3点リード。

ここでイーストのマーブリーが3Pを決め再び同点に。

さらにウエストはコービーが再びジャンプシュートを沈めて2点リード。

しかし、ここでまたもイーストはマーブリーが3Pを沈めて1点リード!

このままイーストが逃げ切り、なんと最大21点差を逆転しての勝利を収めました。

この戦いには多くのファンが熱狂しました。

9c675443a61c0acfcf4ed6772fa0ef61

そしてこの試合イースト勝利の立役者だったアレン・アイバーソンは、

「人々は俺たちに対してサイズがないから勝てないといった。だけど大事なのはサイズじゃない、ハートのサイズなんだ」

と言い、オールスターMVPを受賞しました。

まとめ


いかがだったでしょうか?

お祭りのオールスターとはいえ、やはりファンからすれば選手たちが本気でぶつかり合う試合を見たいですよね!

2020年もオールスターウィークエンドをはじめオールスターゲームでも本気の勝負を見ることが出来ましたね。

来年度以降もこのような熱い戦いが見られることを期待しましょう!

今回はこのあたりで。

Bye!

歴史に残るガチンコ勝負!新フォーマットで迎えたオールスターゲームはTeamレブロンの勝利!

こんにちは!

今日は本年のオールスターウィークエンドの最大の目玉、オールスターゲーム in Chicagoについて書いていこうと思います!Go!

↓オールスターの出場選手についてはこちらの記事をご覧ください


試合結果 Teamレブロン 157 - 155 Teamヤニス✕




先日の事故で逝去したNBAのスーパースター、コービー・ブライアントと事故の犠牲者に哀悼の意を表してTeamヤニスは彼の背番号である24を、Teamレブロンはコービーの娘のジアーナの背番号である2を背負って行われた今年のオールスターゲーム。

近年稀にみる熱戦となりました!

今年は新フォーマットが採用され、最初の3クォーターは0-0からゲームをスタートし、12分間で勝敗を決する1Q 制になり、最終クォーターは3Qにリードしているチームの得点に24点を足した得点に先に到達した方の勝ちという時間制限なし、ガチンコ勝負になりました。

1Q~3Qは例年の通りリーグを代表するスターの華麗なプレーが披露されました。

キャプテン・ヤニスの怪物スラム、レブロンのゴライブなど持ち味十分のプレーだけでなく、普段は滅多に見せないクリス・ポールのアリウープやトレイ・ヤングのハーフコートショットなどまさしくお祭りでした!



そして133-124とTeamヤニスがリードして迎えた最終クォーター。

ファイナルスコアに設定された157点を目指して両軍が激突しました。

これまでのお祭りムードとは打って変わってまるでプレーオフのよう。

相手からチャージングを引き出すラウリー、レブロンとヤニスのゴリゴリの1on1、レナードの鉄壁のディフェンス、ヤニスのゴールテンディングに対するチャレンジ要求など近年のオールスターには見られない真剣プレーのオンパレードでした!



試合展開は一進一退で最後の最後までどちらが勝つかわからない熱戦、最後はゴール下でファールを受けたADがフリースローを決め勝負あり。Teamレブロンが勝利をおさめました。

コービーブライアント賞(MVP):カワイ・レナード


そして偉大なコービーの名を冠した今大会のMVPはクリッパーズのカワイ・レナード!

8本の3Pを炸裂させ、30得点。終盤には鉄壁のディフェンスでTeamヤニスを苦しめました。

新フォーマットがオールスターゲームをよりよいものに


そして今回の盛り上がりは新フォーマットの影響も大きかったと思います。

近年アメリカンスポーツではオールスターゲームの人気が低迷しており、NBAもその例に漏れず苦戦を強いられていました。

その大きな要因は「マンネリ化」です。かつてはでスターたちが真剣勝負を繰り広げ観客を熱狂させましたが、近年のオールスターはとにかく点数が入る大味な試合が多く新鮮味に欠ける試合ばかりでした。

しかし今回設定された「ファイナル・ターゲット・スコア」は各プレーヤーに競争心を再び植え付け、とても熱のある試合に変えたと思います。

もちろん何事にも全力でプレーしたコービーへのリスペクトも大きいと思いますし、コービーもこのようなオールスターを望んでいたでしょう。

やはり観客が見たいのは最高のプレイヤーがみせる真剣な勝ちへのプレー。

今回のフォーマットがオールスターゲームを熱狂的なものにしてくれるはずです!

それでは今日はこの辺で!Bye!


徹底討論!今期のトレード勝者はだれか?①

こんにちは!

いよいよオールスターブレイクを一週間後に控え、各チームプレーオフに向けもう一度エンジンを入れ直す時期になってきましたね。

そんな中でトレードデッドラインギリギリで入団した選手も試合にでてくるようになり、また勢力図にも影響を与えそうな予感がひしひしとします。

↓トレードされた選手をまとめた一覧はこちらの記事よりご覧ください。


そこで今回はNBA30球団の中でトレードを成功させた球団はどこか?考察していきたいと思います。Go!

勝者①:ミネソタ・ティンバーウルブズ

■獲得
・マリーク・ビーズリー(←ナゲッツ)
・フアン・エルナンゴメス(←ナゲッツ)
・エバン・ターナー(←ホークス)
・ジャレッド・バンダービルト(←ナゲッツ)
・オマリ・スペルマン(←ウォリアーズ)
・ディアンジェロ・ラッセル(←ウォリアーズ)
・ジェイコブ・エバンス(←ウォリアーズ)
・ジェームズ・ジョーンズ(←ヒート)
・アレン・クラブ(←ホークス
■放出
・ロバート・コビントン
シャバズ・ネイピア
・ケイタ・ベイツ・ディオップ
・ノア・ボンレイ
・アンドリュー・ウィギンズ
・コーギー・ジェン
・ジェフ・ティーグ
トレイビオン・グラハム

まず1チーム目はウルブズ。

コビントン、ウィンギンズを放出し、マリク・ビーズリーやD-loを獲得するなど大きく血の入れ替えを実施しました。

特にウィギンズはクリーブランドからトレードで来てからチームの顔として活躍しており、放出にはかなりの覚悟が必要だったと思います。

そんな放出を決断したのはD-loことディアンジェロ・ラッセルの獲得ができたからでしょう。

というのも彼は優れPGであることはさることながら、もう一人のチームの柱であるカールズ・アンソニー・タウンズの大親友であるのです。

つまりウルブズはウィギンズとの未来よりD-lo&KATのデュオに球団の将来を懸けたといえるでしょう。

EOMrnxhU4AIsEF3

ミネソタのようなスモールマーケットは中々FAで補強することは難しいので、将来を期待できる二人を同じチームにそろえたことは評価できます。

それにD-loはピック&ロールが得意なプレイヤーなのでKATとの相乗効果は抜群でしょう。

更に今期のトレードが成功だったといえる要因は3P の強化があげられます。

今シーズンのウルブズは3P成功率が33%でリーグ29位と低迷、ハイスコアな展開が続く現代のNBAでこれはかなりディスアドバンテージといえるでしょう。

そこでこのトレードではD-loはもちろんのこと、マリク・ビーズリー、ジェームズ・ジョンソン、アレン・クラブとシュートがうまい選手を補強しました。

その効果はさっそく出ており2/9の試合では一試合26本もの3P を沈め、優勝候補クリッパーズを撃砕しました。

今シーズン13連敗しており上手くいっていないウルブズですがかなりいい補強ができていると思います。

ただ、かなり戦力が入れ替わったのでフィットをするまで時間がかかるので少し様子見でしょう。

トレード勝者②:アトランタ・ホークス

■獲得
・クリント・カペラ(←ロケッツ)
・ネネ(←ロケッツ)
・デリック・ウォルトンJr(←クリッパーズ)
・スカル・ラビシエ(←トレイルブレイザーズ)
・ドウェイン・デドモン(←キングス)
・ジェフ・ティーグ(←ウルブズ)
トレイビオン・グラハム(←ウルブズ)
・現金

■放出
エバン・ターナー
・アレックス・レン
・ジャバリ・パーカー
・アレン・クラブ
2024年ドラフト2巡目指名権
ドラフト2巡目指名権(条件付き)

続いてはイースタンで苦しむアトランタ・ホークス。

若きエースであるトレイ・ヤングが一人奮闘も、勝てていないチームです。

そんなホークスはチーム平均失点はウィザーズに次ぐ29位とボロボロ。

若い選手が多くということもあって中々波に乗ることができていません。

そんなホークスはカペラ、デドモン、ラビシエとインサイドプレイヤーを主に補強。

カペラはロケッツのゴールを長年守ってきたビッグマンでリバウンドとリムプロテクトには定評があります。

また25歳とまだ若く、ヤングとのコンビネーションもこれからどんどん良くなっていくでしょう。

古巣への復帰となったデドモンは去年キャリアハイの数字を残し、キングスに移籍しましたが中々出場機会に恵まれずホークスに戻ってきました。

頼れるベテランなのでベンチを支えてくれるでしょう。

また復帰という意味ではティーグの存在も大きいと思います。

スラッシャーとして強豪時代のホークスを支えたPGですからプレーはもちろんのことヤングのメンターとしても期待できます。

若いプレーヤーの成長と新戦力の融合、これが果たされれば強豪への返り咲きも夢ではないでしょう。


いかがだったでしょうか?まだまだトレードの勝ち組について書ききれていないので、次回以降記事を書いていこうと思います。

それでは今日はこの辺で!Bye!

センターなんていらない?ロケッツのスタメンが小さすぎるww


先日行われたロケッツ、ホークス、ナゲッツによる大型トレード。

これによりロケッツはクリント・カペラを放出し、ロバート・コビントンを獲得したわけですが、トレード後のロスターが話題になりました。

今回はその奇抜すぎるロケッツのメンバーについてみていきましょう。Go!

今回のトレードをまとめた記事はこちらから⇩



トレード後のスターター


トレード後のレイカーズ戦でのスターターがこちら。


また次の試合サンズ戦でのスターターがこちら


両試合ともに欠場している選手はいますが、そちらの試合でもなんとセンターポジションにPJ・タッカーの名前があります。

また万全のメンバーでの予想スターターがこちら。


PG:ラッセル・ウエストブルック→190㎝
SG:ジェームズ・ハーデン→195㎝
SF:エリック・ゴードン→188㎝
PF:ロバート・コビントン→201㎝ 
 C :PJ・タッカー→195㎝

平均身長:193.8㎝

身長2m越えの選手がもはや当たり前のリーグで、なんと平均身長が193cmという驚異の数字。

CのPJ・タッカーに至ってはGの選手たちとも大差ないサイズ。

タッカーの自身のインスタグラムにてこのような自虐投稿もしていました。


今回のロケッツの思い切ったトレードに対して、賛否両論が飛び交っています。

今年は特に、レイカーズや76ersをはじめとして身長の大きい選手を多く並べるといったビッグラインナッが流行っていますが、それとは真逆のスモールラインアップで対抗するロケッツ

バスケットボールにおいて身長が大きいというのは大きなアドバンテージではありますが、今年ロケッツがその常識を覆してくれるかもしれませんね。

また、ヘッドコーチマイク・ダントー二とにかく短い時間でシュートを狙うという戦術を得意とします。

なのでオフェンスにおいてはサイズが小さいというのはそこまでマイナスにはなりませんが、ディフェンスでどのようにしてビッグマンに対抗するのか、というのが大きなポイントになります。

プレーオフに出場することはほぼ確実なので、プレーオフでの戦い方は見どころですね。

いかがだったでしょうか?

今回はリーグの注目を集めているロケッツの革新的なラインナップについてまとめました。

この振り切ったトレードは吉と出るのか、はたまた失敗と終わるのか。

皆さんのロケッツのスモールラインアップへの意見もいただけると幸いです♪

では今回はこのあたりで。

読んでいただきありがとうございました。Bye!


デッドライン到来! どこに誰が移籍したのかまとめてみた

こんにちは!

2/6のトレードデッドラインも過ぎ、各チーム戦力も落ち着きました。
いやー、今年もデッドライン周辺で多くのトレードが実現しましたね。ロケッツ、ウルブズ等4チームが絡む大型トレードやウォリアーズによるD-loの放出などなど。

ところでこれだけトレードが多く行われると

いや、誰がどこに行ったのかさっぱりわかんねえ!

ってなりますよね(笑)。

そこで今回はデッドライン周辺のトレードでどの球団が誰を手に入れ、何を手放したのか。チームごとにまとめてみたいと思います!Go!

ヒューストン・ロケッツ

■獲得
・ロバート・コビントン(←ウルブズ)
・ブルーノ・カボクロ(←グリズリーズ)
2024年ドラフト2巡目指名権

■放出
・クリント・カペラ
・ネネ
・ジェラルド・グリーン
・ドラフト1巡目指名権

ロケッツは3&Dとして定評のあるコビントンを獲得。


ミネソタ・ティンバーウルブズ

■獲得
・マリーク・ビーズリー(←ナゲッツ)
・フアン・エルナンゴメス(←ナゲッツ)
・エバン・ターナー(←ホークス)
・ジャレッド・バンダービルト(←ナゲッツ)
・オマリ・スペルマン(←ウォリアーズ)
・ディアンジェロ・ラッセル(←ウォリアーズ)
・ジェイコブ・エバンス(←ウォリアーズ)
・ジェームズ・ジョーンズ(←ヒート)

■放出
・ロバート・コビントン
シャバズ・ネイピア
・ケイタ・ベイツ・ディオップ
・ノア・ボンレイ
・アンドリュー・ウィギンズ
・コーギー・ジェン
ウルブズは目玉のラッセルを獲得。KATとの親友コンビに注目!


デンバー・ナゲッツ

■獲得
・ジェラルド・グリーン(←ロケッツ)
・ジョーダン・マクレー(ウィザーズ)
・ケイタ・ベイツ・ディオップ(←ウルブズ)
・ノア・ボンレイ(←ウルブズ)
・ドラフト1巡目指名権(←ロケッツ)

■放出
・マリーク・ビーズリー
・フアン・エルナンゴメス
・ジャレッド・バンダービルト



アトランタ・ホークス

■獲得
・クリント・カペラ(←ロケッツ)
・ネネ(←ロケッツ)
・デリック・ウォルトンJr(←クリッパーズ)
・スカル・ラビシエ(←トレイルブレイザーズ)
・ドウェイン・デドモン(←キングス)
・現金

■放出
エバン・ターナー
・アレックス・レン
・ジャバリ・パーカー
2024年ドラフト2巡目指名権
ドラフト2巡目指名権(条件付き)
ホークスはインサイドを中心に大きく補強、吉と出るか凶とでるか?


クリーブランド・キャバリアーズ

■獲得
・アンドレ・ドラモンド(←ピストンズ)

■放出
・ジョン・ヘンソン
・ブランドン・ナイト
・2023年ドラフト2巡目指名権
キャブスは格安でオールスターセンターのドラモンドを獲得。

ワシントン・ウィザーズ

■獲得
・ジェローム・ロビンソン(クリッパーズ)
シャバズ・ネイピア(←ナゲッツ←ウルブズ)

■放出
・アイザイア・トーマス
・ジョーダン・マクレー
・イスフ・サノン(2018年ドラフト2巡目44位指名)の交渉権

ウィザーズはポイントガードを二人補強に成功。


ニューヨーク・ニックス

■獲得
・モーリス・ハークレス(クリッパーズ)
・イスフ・サノン(2018年ドラフト2巡目44位指名)の交渉権(←ウィザーズ)
・2020年ドラフト1巡目指名権
・2021年ドラフト1巡目指名権
・2021年ドラフト2巡目指名権

■放出
・マーカス・モリス
ニックスはエースのモリスを放出しハークレスと指名権を獲得。


ロサンゼルス・クリッパーズ

■獲得
・マーカス・モリス(ニックス)
・アイザイア・トーマス(ウィザーズ)
・現金(←ホークス)

■放出
・モー・ハークレス
・ジェローム・ロビンソン
・2020年ドラフト1巡目指名権
・2021年ドラフト1巡目指名権
・2021年ドラフト2巡目指名権
今期に懸けるクリッパーズは得点力のあるオールラウンダー、モリスの獲得に成功。


マイアミ・ヒート

■獲得
・アンドレ・イグダーラ(←グリズリーズ)
・ジェイ・クラウダ―(←グリズリーズ)
・ソロモン・ヒル(←グリズリーズ)

■放出
・ジャスティス・ウィンズロー
・ディオン・ウェイターズ
ジェームズ・ジョンソン
最注目のイグダーラはヒートに移籍。

メンフィス・グリズリーズ

■獲得
ジョーダン・ベル(←ウルブズ)
・ジャスティス・ウィンズロー(←ヒート)
・ディオン・ウェイターズ(←ヒート)
・ジョーダン・ベル(ロケッツ←ウォリアーズ)

■放出
・アンドレ・イグダーラ
・ジェイ・クラウダ―
・ソロモン・ヒル
・ブルーノ・カボクロ
グリズリーズはイグダーラの売り切りに成功。

サクラメント・キングス


■獲得
・アレックス・レン(←ホークス)
・ジャバリ・パーカー(←ホークス)
2024年ドラフト2巡目指名権(←ホークス)

■放出
・ドウェイン・デドモン
キングスはトレード要求のデドモンを放出し、フロントコートを補強。

ポートランド・トレイルブレイザーズ

■獲得
ドラフト2巡目指名権(条件付き)

■放出
スカル・ラビシエ
・現金



デトロイト・ピストンズ

■獲得
・ジョン・ヘンソン(キャブス)
・ブランドン・ナイト(キャブス)
・2023年ドラフト2巡目指名権(キャブス)

■放出
・アンドレ・ドラモンド
ドラモンドをタダで放出するよりはマシという判断とは思うが…。


ゴールデンステイト・ウォリアーズ

■獲得
アンドリュー・ウィギンズ(←ウルブズ)
・2021年ドラフト1巡目指名権(条件付き)(←ウルブズ)
・2021年ドラフト2巡目指名権(←ウルブズ)
2020年ドラフト2巡目指名権(←シクサーズ←マーベリックス)
・2021年ドラフト2巡目指名権(←シクサーズ←ナゲッツ)
・2022年ドラフト2巡目指名権(←シクサーズ←ラプターズ)

■放出
ディアンジェロ・ラッセル
・ジェイコブ・エバンス
・オマリ・スペルマン
・アレックス・バーグス
・グレン・ロビンソン三世
ウォリアーズは完全に来季に向けて動き出したように見える。

フィラデルフィア・セブンティーシクサーズ

■獲得
・アレックス・バーグス(←ウォリアーズ)
・グレン・ロビンソン三世(←ウォリアーズ)
ラフト2巡目指名権(←マジック)

■放出
2020年ドラフト2巡目指名権
・2021年ドラフト2巡目指名権
・2022年ドラフト2巡目指名権
・ジェームズ・エニス三世
シクサーズはローリスクでベンチプレーヤーを補強。

オーランド・マジック

■獲得
・ジェームズ・エニス三世(シクサーズ)

■放出
ラフト2巡目指名権

いかがだったでしょうか?こうやってみるとメチャクチャ多いです(笑)。今期に勝負を懸けたチーム、来期以降に懸けるチームなど各々のチームの思惑が透けて見えますね。次回以降どのチームが上手くトレードを成功させたのか考察していこうと思います。

それでは今日はこの辺で!Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ