こんにちは!

大盛況だったオールスターも終わり、NBAが見れない暇な日々が続きますね。そんな日々でも各チームは虎視眈々と戦力アップを狙っています。

今シーズンも来期を見越したチームからバイアウトされた選手が続々と優勝を争うチームに加わりました。今日はそんなバイアウト市場で新規加入した選手&話題になっている選手たちについてまとめていきたいと思います。Go!

ヒューストン・ロケッツ

・デマ―レイ・キャロル(←スパーズ)
・ジェフ・グリーン(←ジャズ)


スタートセンターのカペラをトレードし、オールスモールラインナップで戦うロケッツはウイング2人を補強(キャロルはまだ加入はしていませんが大方決まり)。




強靭な肉体と献身的なディフェンスが武器のキャロル、203㎝とサイズがあり複数ポジションでプレーができるグリーンと頼れるベテランの補強に成功しました。ただ、報道によると両名はPJタッカーやコビントンと並んでセンターポジションを務める可能性もあるようです。あくまでスーパースモールで行くみたいですね。

ロサンゼルス・クリッパーズ

レジー・ジャクソン(←ピストンズ)

ピストンズをバイアウトされたレジ―・ジャクソンは友人であるポール・ジョージが所属するクリッパーズ行きが濃厚のようです。怪我がちではありますがこのレベルの選手がバイアウトされたのには驚きました。


ジャクソンが加入すればルー&ハレルを擁する凶悪セカンドユニットがさらに破壊力満タンになります。ジェリー・ウェストのしたたかさとクリッパーズの今年に懸ける思いが伝わってきますね。

ダラス・マーベリックス

マイケル・キッド・ギルグリスト(←ホーネッツ)

高い身体能力と213㎝のウィングスパンを活かし献身的にプレーするMKGはマーベリックス行き。彼はその変わったシュートフォームで有名ですね。

この補強でマブスはウィングのディフェンス強化に補強。今シーズンはMKG本人にとって不本意な結果となっているのでここから奮起してマブスを勝利に導いてほしいですね。

ミルウォーキー・バックス

マービン・ウィリアムス(←ホーネッツ)

2005年のドラフトで全体2位で指名され、オールルーキーセカンドチームに選出されたベテランはバックスに加入。

優勝に向けて突っ走るバックスの最後の1ピースになってほしいですね。

いかがだったでしょうか?まだまだ各チームの動きは続くでしょう。まだまだ移籍市場から目が離せませんね!

それでは今日はこの辺で!Bye!