GettyImages-72858150-500x334

2020年NBAオールスターは新フォーマットの導入もあり、かつてないほどの熱戦となりました。 

そこで今回は、オールスター史上最高のゲームともいわれている2001年の試合を振り返っていきます。

Go!!

2001年オールスターメンバー

イースタンカンファレンス


GettyImages-1690739

〈スターター〉
G‐アレン・アイバーソン(PHI)
G‐トレイシー・マグレディ(ORL)
F‐ビンス・カーター(TOR)
F‐グラント・ヒル(ORL)
C‐アロンゾ・モーニング(MIA)

〈リザーブ〉
G‐レイ・アレン(MIL)
G-アラン・ヒューストン(NYK)
G-ステフォン・マーブリー(NJN)
F‐アンソニー・メイソン(MIA)
F-グレン・ロビンソン(MIL)
F‐ラトリル・スプリーウェル(NYK)
C-アントニオ・デイビス(TOR)
C-ディケンベ・ムトンボ(ATL)
C-テオ・ラトリフ(PHI)

ウエスタンカンファレンス


GettyImages-1690740

〈スターター〉
G-ジェイソン・キッド(PHO)
G-コービー・ブライアント(LAL)
F-クリス・ウェバー(SAC)
F-ティム・ダンカン(SAS)
C-シャキール・オニール(LAL)

〈リザーブ〉
G-マイケル・フィンリー(DAL)
G-ゲイリー・ペイトン(SEA)
F-ケビン・ガーネット(MIN)
F‐カール・マローン(UTA)
F-アントニオ・マックダイス(DEN)
F-ラシード・ウォーレス(POR)
C-デビッド・ロビンソン(SAS)
C-ブラデ・ディバッツ(SAC) 

試合内容




オールスターと言えば序盤はゆったりとショーも兼ね、4Qから本気になっていくというのが恒例であったがこの年のオールスターゲームは序盤から本気モード。

ディフェンスも走って戻り、オフェンスも全力で走り、ブロックにもガンガン狙いに行く。

この雰囲気を作り出したのはこの年のシーズンMVP、得点王を受賞したアレン・アイバーソンです。

allen-iverson

3Qを終えた時点でウエストが19点差をリードしていましたが、ここからアイバーソンを中心に巻き返していき、4Q残り3分で同点に。

そして再びウエストが逆転し残り53秒ではウエストが3点リード。

ここでイーストのマーブリーが3Pを決め再び同点に。

さらにウエストはコービーが再びジャンプシュートを沈めて2点リード。

しかし、ここでまたもイーストはマーブリーが3Pを沈めて1点リード!

このままイーストが逃げ切り、なんと最大21点差を逆転しての勝利を収めました。

この戦いには多くのファンが熱狂しました。

9c675443a61c0acfcf4ed6772fa0ef61

そしてこの試合イースト勝利の立役者だったアレン・アイバーソンは、

「人々は俺たちに対してサイズがないから勝てないといった。だけど大事なのはサイズじゃない、ハートのサイズなんだ」

と言い、オールスターMVPを受賞しました。

まとめ


いかがだったでしょうか?

お祭りのオールスターとはいえ、やはりファンからすれば選手たちが本気でぶつかり合う試合を見たいですよね!

2020年もオールスターウィークエンドをはじめオールスターゲームでも本気の勝負を見ることが出来ましたね。

来年度以降もこのような熱い戦いが見られることを期待しましょう!

今回はこのあたりで。

Bye!