こんにちは!

今日は本年のオールスターウィークエンドの最大の目玉、オールスターゲーム in Chicagoについて書いていこうと思います!Go!

↓オールスターの出場選手についてはこちらの記事をご覧ください


試合結果 Teamレブロン 157 - 155 Teamヤニス✕




先日の事故で逝去したNBAのスーパースター、コービー・ブライアントと事故の犠牲者に哀悼の意を表してTeamヤニスは彼の背番号である24を、Teamレブロンはコービーの娘のジアーナの背番号である2を背負って行われた今年のオールスターゲーム。

近年稀にみる熱戦となりました!

今年は新フォーマットが採用され、最初の3クォーターは0-0からゲームをスタートし、12分間で勝敗を決する1Q 制になり、最終クォーターは3Qにリードしているチームの得点に24点を足した得点に先に到達した方の勝ちという時間制限なし、ガチンコ勝負になりました。

1Q~3Qは例年の通りリーグを代表するスターの華麗なプレーが披露されました。

キャプテン・ヤニスの怪物スラム、レブロンのゴライブなど持ち味十分のプレーだけでなく、普段は滅多に見せないクリス・ポールのアリウープやトレイ・ヤングのハーフコートショットなどまさしくお祭りでした!



そして133-124とTeamヤニスがリードして迎えた最終クォーター。

ファイナルスコアに設定された157点を目指して両軍が激突しました。

これまでのお祭りムードとは打って変わってまるでプレーオフのよう。

相手からチャージングを引き出すラウリー、レブロンとヤニスのゴリゴリの1on1、レナードの鉄壁のディフェンス、ヤニスのゴールテンディングに対するチャレンジ要求など近年のオールスターには見られない真剣プレーのオンパレードでした!



試合展開は一進一退で最後の最後までどちらが勝つかわからない熱戦、最後はゴール下でファールを受けたADがフリースローを決め勝負あり。Teamレブロンが勝利をおさめました。

コービーブライアント賞(MVP):カワイ・レナード


そして偉大なコービーの名を冠した今大会のMVPはクリッパーズのカワイ・レナード!

8本の3Pを炸裂させ、30得点。終盤には鉄壁のディフェンスでTeamヤニスを苦しめました。

新フォーマットがオールスターゲームをよりよいものに


そして今回の盛り上がりは新フォーマットの影響も大きかったと思います。

近年アメリカンスポーツではオールスターゲームの人気が低迷しており、NBAもその例に漏れず苦戦を強いられていました。

その大きな要因は「マンネリ化」です。かつてはでスターたちが真剣勝負を繰り広げ観客を熱狂させましたが、近年のオールスターはとにかく点数が入る大味な試合が多く新鮮味に欠ける試合ばかりでした。

しかし今回設定された「ファイナル・ターゲット・スコア」は各プレーヤーに競争心を再び植え付け、とても熱のある試合に変えたと思います。

もちろん何事にも全力でプレーしたコービーへのリスペクトも大きいと思いますし、コービーもこのようなオールスターを望んでいたでしょう。

やはり観客が見たいのは最高のプレイヤーがみせる真剣な勝ちへのプレー。

今回のフォーマットがオールスターゲームを熱狂的なものにしてくれるはずです!

それでは今日はこの辺で!Bye!