こんにちは!
突然ですが今日、ついに待望の瞬間が訪れました。

それは「八村塁 24試合ぶりの復帰」です!

EP5jrBdUcAAhXPL

いやーやっとです。これで一日の楽しみが140%になりました(笑)。

12月にチームメイトのイザック・ボンガと接触し鼠径部を痛めてから中々復帰できずにいましたが、「Japanese heritage night」と銘打たれたゲームで復活です。

この企画は正しく八村選手のためにあるみたいなものなのでウィザーズのフロントも間に合ってホッとしているでしょう。

そんなめでたいウィザーズ vs ウォリアーズの試合、どちらが勝ったのか?そして八村選手の試合ぶりはどうだったのか?迫っていきたいと思います!Go!


✕ワシントン・ウィザーズ 117 - 125 ゴールデンステイト・ウォリアーズ




今日の試合はウォリアーズの完勝です。攻めては15本の3P を50%の高確率で浴びせ、オフェンスリバウンド12本と制空権を制圧。

守りも要所では得点を許さず、まるで王朝時代のウォリアーズを見ているようでした。なんでこのチームがリーグ最下位なのか理解できません(笑)。

やはりウォリアーズのコーチ陣は有能ですね。

ここ最近の試合を見るとスプラッシュブラザーズ復帰後にはまた強豪に返り咲く気配がムンムンします。

対するウィザーズは悪くはなかったのですが勝負所でミスや単発なオフェンスをしてしまったりと純粋に力負けな感じでしたね。

ビールは43得点を挙げ、オールスターにふさわしい選手であることを自ら証明しましたが3連勝ならず。プレーオフ争いの中で手痛い敗戦になりました。


今日の八村・・・ 八村(一~十村までの十段階評価)


惜しくも勝利を逃したウィザーズ、そんな中でも八村選手は存在感を発揮していましたね。

チーム初得点を挙げたターンアラウンドシュートを皮切りに25分で11得点、シュートタッチもかなり良いように見えました。

またミドルショットにポストムーブ、ドライブとマルチに攻められる八村選手にボールが入ると停滞した時間でも流れの得点ができるのでチームのリズムもよくなっていました。

EP5PJ3RUEAAB3SJ

ディフェンスにおいても優れたフィジカルを活かしたプレーで猛威を振るったエリック・パスカル、オマリ・スペルマンをチームの中では一番守れていたと思います。

実際、クラッチタイムに出場していたことからベンチからの信頼もよく分かりますね。

ただ、もう少しボールに絡みにいってもよいのかなと思いました。

特に単発のペリメーターシュートを打たされていた時間帯も長かったので八村選手の1on1からボールムーブという形も見たかったなと思います。

ただ、復帰戦でこれだけできれば及第点以上です。これからも少しづつ体を治して完全復活してもらいたい!

いかがだったでしょうか?復活した八村選手の活躍にこれからも目が離せませんね。

それでは今日はこの辺で!Bye!