長いNBAのシーズンももう折り返し。各チームともしのぎを削ってNBAチャンピオンの座を争いあっています。その一方でシクサーズのアウトサイドシューター不足などチームの課題もかなり顕在化してきていますね。

優勝へ向かうためには課題の解決は不可欠。ではどのように解決するのが良いのでしょうか?
一番はコーチと選手が一体になってその課題にコミットして解決することですね。ただ、どこの世界でも課題って全然解決しないですよねー(笑)。しかしNBAの場合手っ取り早く解決するいい方法があります。

それがトレードです。

チームに足りない要素を持つ選手を外から入れれば一発で解決です。この間もスタートセンターだった
ドワイト・パウエルがシーズンアウトしたマーベリックスがウォーリアーズとのトレードでウィリー・コーリー・スタインを獲得しました。

そのトレードも2月6日にデッドラインを迎えるのでここから駆け込みトレードが増えると予測できます。そこで現在トレードの噂が出ている選手について紹介していきたいと思います!Go!


1.デリック・ローズ


一人目はどん底から見事に這い上がり、ピストンズの主力選手として活躍するデリックローズです。シーズン当初はシックスマンとしてチームを支えていましたが、現在ではすっかりスタートとしての地位を確立し、得点を量産しています。

そんなローズですがレイカーズやセブンティーシクサーズ島等プレイオフチームがトレードに関心を示しているとのことです。ドライブで相手をかき乱し、得点やアシストを量産するタイプなのでセカンドユニットの頼れる得点源として需要しかない選手なので是が日でも取りたいところですね。

ローズに関してはレイカーズが候補に挙げられているのがよく見られますが、正直可能性は低いと思います。レイカーズはシーズンが進むにつれてケミストリーの構築が進んでおり、あのレブロンも追加補強はいらないというほどです。加えてトレード拒否条項がある選手も多いのでロスターを動かすのは容易ではありません。こういったことからトレードはなさそうだと思います。

とはいってもセカンドユニットの得点力を上げたいチームは多いのでどこかが積極的にトレードを敢行するかもしれませんね!

2.ダービス・ベルターンズ

3Pショット絶好調のラトビアンレーザーことダービス・ベルターンズもトレードの噂が絶えません。彼は今年で契約が切れFAになるのでウィザーズはデッドラインまでに手放すと言われていましたが、ベルターンズ本人が「チームに残りたい」とコメントを残しているのでまだまだ不透明ですね。

208㎝の長身から放たれる高確率の3Pショットはどこのチームも喉から手が出るくらいほしい!
特にトレードへの関心が噂されているセブンティーシクサーズなんてドンピシャです。シューター不足のビッグマンチームには正しく完璧な補強になります。因みにシクサーズはベンチポイントもリーグ28位と低迷しているのでなんとしてでもトレードでよい補強をしたいところですね。

ただ…シクサーズのロスターを考えると中々トレードの駒になる魅力的な選手はいないので指名権を出さないと成立は難しいかなと思います。どのチームに関してもベルターンズに関してはどれだけ対価を払えるか、すなわちフロントの腕次第ですね。

3.アンドレ・ドラモンド


2年連続リバウンド王のオールスターセンターのアンドレ・ドラモンドもトレードの噂が出ています。
彼も今年で契約が切れ、FAになりますし本人がチームからの離脱を希望しているとのことなのでチームとしては対価を獲得できるようトレードを成功させたいはずです。

ゴール下で圧倒的な存在感を放つ「ザ・センター」なドラモンド、まだ26歳ですしこれまた需要の高い選手ですね。因みにマーベリックスやホークス、セルティックス、ラプターズが興味を示しているそうです。

この中ではセルティックスが獲得したらかなり面白いですね。ケンバ・ウォーカーを獲得し、相変わらず堅実な試合運びでイースタンカンファレンス上位に陣取るセルティックス、現在のスタートセンターはドイツ出身のダニエル・タイスです。

彼は今シーズン良いシーズンを送っていますが、203㎝とビッグチームの多いイースタンカンファレンスを戦うセンターとしては若干サイズ不足です。また、控えセンターのエニス・キャンターは1流のポストムーブで得点を量産しますがディフェンスに不安があります。

センターが弱点というほどではないのですが、リバウンドとリムプロテクトに絶対的強みを持つドラモンドがチームに加われれば、チームディフェンスのいいセルティックスはより強固なチームになるでしょう。そしたらイースタンカンファレンスはさらに面白くなりますね!

いかがでしたか?まだまだトレードの噂が出ている選手は多くいるので、またの機会に紹介していきたいと思います!

それでは今日はこの辺で!Bye!