こんにちは!

NBAのシーズンもそろそろ半ば、皆さんはどこのチームに注目していますか?
キング・レブロンの率いるレイカーズ?それとも優勝請負人レナードをはじめに勝負人が揃ったクリッパーズ?

私はなんといってもン・ウ! 
(といっても八村選手目当てで見始めたにわかなんですけどね。)



しっかしウィザーズ、とにかく勝てない。日本のスポーツニュースでは「八村選手○○得点の活躍!なおチームは…」というワードが頻出しました。

その八村選手も不幸な事故で負傷し、欠場中。エースのビールやスーパーシューターのベルターンズなどチームの主力もほぼ怪我で全滅。

「こんな状況じゃ絶望…」そう思っていましたが、ここにきて何かがおかしい。イースト3位のヒート、ウェスタン2位のナゲッツ、更にイースト2位のセルティックスまで次々撃破しました!

あまりにメンバーが変わりすぎて「謎のチーム」とまで形容されたウィザーズがなぜここにきて猛威を発揮しているのか、ここではその一部について考察しようと思います!GO!


謎のチームのここがすごい!
① あまりにメンツが謎


はい、いきなりすいません。生粋のウィザーズファンの皆様、怒らないでください(笑)。
というのもどうやらメンバーが揃わな過ぎて対戦相手の気が緩んでいるようなのです。

1/5にウィザーズに敗北したナゲッツのエースガードのジャマル・マレーは試合後次のようにコメントを残しています。

"「僕たちが相手をリスペクトしていたとは思えなかった。彼らはリーグの中でも下位のチーム。でもリーグの中で最もハードにプレーしているチームかもしれない。彼らは準備万端で向かってきた」"
(引用 https://basketballking.jp/news/world/nba/20200106/209731.html

この試合マレーは39得点と大活躍しており、とても慢心があったとは思えません。もしかしたら「全然勝てないチームのくせに主力全員怪我とか余裕っしょ(笑)」みたいに考えて臨んで不調だった選手がいたのかもしれないですね。

実際に敗北した試合、ナゲッツは3P20.7%、セルティックスは3P21.6%と絶不調。もちろんただの不調かもしれませんが、スポーツはメンタルの戦い。油断が焦りにつながり上手く試合が運べなかったのでしょうか。ただそれが一番ジャイアントキリングが起きやすいのです。


謎のチームのここがすごい!
② なぜか点を取られない


怪我人が続出する前のウィザーズの最大の弱点といえばディフェンス。言ってしまえば「100点取っても120点取られて負ける」を体現するチームでした(平均失点リーグワースト)。そんなウィザーズが勝利した試合、失点は105、114、94とその平均は104.3!これは平均失点リーグ3位のレイカーズとほぼ同じです。

正直相変わらずのディフェンスの日もあるんですが、明らかによくはなってきています。それには次の要因が大きいと思います。

①ディフェンスに定評のある選手のプレイタイムが伸びた
②インサイドのサイズがアップした
③ゾーンディフェンスの精度が上がった

①、②に関しては怪我の功名ともいえます。というのもけが人続出で急遽契約したゲイリー・ペイトンⅡ世やビッグマンのアンジェス・パセチニクス、今までプレータイムに恵まれなかったイザック・ボンガ、ギャリソン・マシューズという選手達がとてもいいプレーを見せているからです。

またディフェンスがよくなったことでオフェンスもハイペースになりすぎず、良い試合運びができています。このままの調子で言ってほしいですね。



謎のチームのここがすごい!
③ 攻撃が多彩


勝利したゲームでは日替わりでヒーローが誕生しました。ヒート戦ではセンターのイアン・マヒンミがキャリアハイの25得点、ナゲッツ戦ではフォワードのトロイ・ブラウンJrが25得点、セルティックス戦ではガードのイシュ・スミスが27得点とどこからでも点が取れるチームに変貌しています。

これに関してはいい意味でも悪い意味でもエースのブラッドリービールの離脱が大きいと思います。というのも以前のウィザーズが抱えていたビールがボールを持つと周りが動きが止まり、ボールを持った選手がビールを探していた悪い状況がビール欠場によって強制的に改善されたからです。

以前のウィザーズは4Qほぼビールにボールを持たせるなどオフェンス面でビールにかなり依存する方針で,正直それは他の選手にとってかなり窮屈そうに感じました。それに対戦相手にとってはビールを抑えるだけでいいのでやりやすかったと思います。

もちろんビールはチームに必要不可欠ですが復帰後もビールに依存するだけではなくこれからも各人がオフェンスに積極的になればさらに勝ちを重ねることができるでしょう。


つらつらと書き連ねましたが、ウィザーズはまだまだ可能性にあふれるチームです。
これからの益々の飛躍を期待しましょう!
それでは今日はこのへんで!Bye!