Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



移籍市場は終わらない!移籍が取り沙汰されている選手まとめ

こんにちは!

大盛況だったオールスターも終わり、NBAが見れない暇な日々が続きますね。そんな日々でも各チームは虎視眈々と戦力アップを狙っています。

今シーズンも来期を見越したチームからバイアウトされた選手が続々と優勝を争うチームに加わりました。今日はそんなバイアウト市場で新規加入した選手&話題になっている選手たちについてまとめていきたいと思います。Go!

ヒューストン・ロケッツ

・デマ―レイ・キャロル(←スパーズ)
・ジェフ・グリーン(←ジャズ)


スタートセンターのカペラをトレードし、オールスモールラインナップで戦うロケッツはウイング2人を補強(キャロルはまだ加入はしていませんが大方決まり)。




強靭な肉体と献身的なディフェンスが武器のキャロル、203㎝とサイズがあり複数ポジションでプレーができるグリーンと頼れるベテランの補強に成功しました。ただ、報道によると両名はPJタッカーやコビントンと並んでセンターポジションを務める可能性もあるようです。あくまでスーパースモールで行くみたいですね。

ロサンゼルス・クリッパーズ

レジー・ジャクソン(←ピストンズ)

ピストンズをバイアウトされたレジ―・ジャクソンは友人であるポール・ジョージが所属するクリッパーズ行きが濃厚のようです。怪我がちではありますがこのレベルの選手がバイアウトされたのには驚きました。


ジャクソンが加入すればルー&ハレルを擁する凶悪セカンドユニットがさらに破壊力満タンになります。ジェリー・ウェストのしたたかさとクリッパーズの今年に懸ける思いが伝わってきますね。

ダラス・マーベリックス

マイケル・キッド・ギルグリスト(←ホーネッツ)

高い身体能力と213㎝のウィングスパンを活かし献身的にプレーするMKGはマーベリックス行き。彼はその変わったシュートフォームで有名ですね。

この補強でマブスはウィングのディフェンス強化に補強。今シーズンはMKG本人にとって不本意な結果となっているのでここから奮起してマブスを勝利に導いてほしいですね。

ミルウォーキー・バックス

マービン・ウィリアムス(←ホーネッツ)

2005年のドラフトで全体2位で指名され、オールルーキーセカンドチームに選出されたベテランはバックスに加入。

優勝に向けて突っ走るバックスの最後の1ピースになってほしいですね。

いかがだったでしょうか?まだまだ各チームの動きは続くでしょう。まだまだ移籍市場から目が離せませんね!

それでは今日はこの辺で!Bye!




伝説的な熱戦!!2001年オールスターゲームを振り返る


GettyImages-72858150-500x334

2020年NBAオールスターは新フォーマットの導入もあり、かつてないほどの熱戦となりました。 

そこで今回は、オールスター史上最高のゲームともいわれている2001年の試合を振り返っていきます。

Go!!

2001年オールスターメンバー

イースタンカンファレンス


GettyImages-1690739

〈スターター〉
G‐アレン・アイバーソン(PHI)
G‐トレイシー・マグレディ(ORL)
F‐ビンス・カーター(TOR)
F‐グラント・ヒル(ORL)
C‐アロンゾ・モーニング(MIA)

〈リザーブ〉
G‐レイ・アレン(MIL)
G-アラン・ヒューストン(NYK)
G-ステフォン・マーブリー(NJN)
F‐アンソニー・メイソン(MIA)
F-グレン・ロビンソン(MIL)
F‐ラトリル・スプリーウェル(NYK)
C-アントニオ・デイビス(TOR)
C-ディケンベ・ムトンボ(ATL)
C-テオ・ラトリフ(PHI)

ウエスタンカンファレンス


GettyImages-1690740

〈スターター〉
G-ジェイソン・キッド(PHO)
G-コービー・ブライアント(LAL)
F-クリス・ウェバー(SAC)
F-ティム・ダンカン(SAS)
C-シャキール・オニール(LAL)

〈リザーブ〉
G-マイケル・フィンリー(DAL)
G-ゲイリー・ペイトン(SEA)
F-ケビン・ガーネット(MIN)
F‐カール・マローン(UTA)
F-アントニオ・マックダイス(DEN)
F-ラシード・ウォーレス(POR)
C-デビッド・ロビンソン(SAS)
C-ブラデ・ディバッツ(SAC) 

試合内容




オールスターと言えば序盤はゆったりとショーも兼ね、4Qから本気になっていくというのが恒例であったがこの年のオールスターゲームは序盤から本気モード。

ディフェンスも走って戻り、オフェンスも全力で走り、ブロックにもガンガン狙いに行く。

この雰囲気を作り出したのはこの年のシーズンMVP、得点王を受賞したアレン・アイバーソンです。

allen-iverson

3Qを終えた時点でウエストが19点差をリードしていましたが、ここからアイバーソンを中心に巻き返していき、4Q残り3分で同点に。

そして再びウエストが逆転し残り53秒ではウエストが3点リード。

ここでイーストのマーブリーが3Pを決め再び同点に。

さらにウエストはコービーが再びジャンプシュートを沈めて2点リード。

しかし、ここでまたもイーストはマーブリーが3Pを沈めて1点リード!

このままイーストが逃げ切り、なんと最大21点差を逆転しての勝利を収めました。

この戦いには多くのファンが熱狂しました。

9c675443a61c0acfcf4ed6772fa0ef61

そしてこの試合イースト勝利の立役者だったアレン・アイバーソンは、

「人々は俺たちに対してサイズがないから勝てないといった。だけど大事なのはサイズじゃない、ハートのサイズなんだ」

と言い、オールスターMVPを受賞しました。

まとめ


いかがだったでしょうか?

お祭りのオールスターとはいえ、やはりファンからすれば選手たちが本気でぶつかり合う試合を見たいですよね!

2020年もオールスターウィークエンドをはじめオールスターゲームでも本気の勝負を見ることが出来ましたね。

来年度以降もこのような熱い戦いが見られることを期待しましょう!

今回はこのあたりで。

Bye!


歴史に残るガチンコ勝負!新フォーマットで迎えたオールスターゲームはTeamレブロンの勝利!

こんにちは!

今日は本年のオールスターウィークエンドの最大の目玉、オールスターゲーム in Chicagoについて書いていこうと思います!Go!

↓オールスターの出場選手についてはこちらの記事をご覧ください


試合結果 Teamレブロン 157 - 155 Teamヤニス✕




先日の事故で逝去したNBAのスーパースター、コービー・ブライアントと事故の犠牲者に哀悼の意を表してTeamヤニスは彼の背番号である24を、Teamレブロンはコービーの娘のジアーナの背番号である2を背負って行われた今年のオールスターゲーム。

近年稀にみる熱戦となりました!

今年は新フォーマットが採用され、最初の3クォーターは0-0からゲームをスタートし、12分間で勝敗を決する1Q 制になり、最終クォーターは3Qにリードしているチームの得点に24点を足した得点に先に到達した方の勝ちという時間制限なし、ガチンコ勝負になりました。

1Q~3Qは例年の通りリーグを代表するスターの華麗なプレーが披露されました。

キャプテン・ヤニスの怪物スラム、レブロンのゴライブなど持ち味十分のプレーだけでなく、普段は滅多に見せないクリス・ポールのアリウープやトレイ・ヤングのハーフコートショットなどまさしくお祭りでした!



そして133-124とTeamヤニスがリードして迎えた最終クォーター。

ファイナルスコアに設定された157点を目指して両軍が激突しました。

これまでのお祭りムードとは打って変わってまるでプレーオフのよう。

相手からチャージングを引き出すラウリー、レブロンとヤニスのゴリゴリの1on1、レナードの鉄壁のディフェンス、ヤニスのゴールテンディングに対するチャレンジ要求など近年のオールスターには見られない真剣プレーのオンパレードでした!



試合展開は一進一退で最後の最後までどちらが勝つかわからない熱戦、最後はゴール下でファールを受けたADがフリースローを決め勝負あり。Teamレブロンが勝利をおさめました。

コービーブライアント賞(MVP):カワイ・レナード


そして偉大なコービーの名を冠した今大会のMVPはクリッパーズのカワイ・レナード!

8本の3Pを炸裂させ、30得点。終盤には鉄壁のディフェンスでTeamヤニスを苦しめました。

新フォーマットがオールスターゲームをよりよいものに


そして今回の盛り上がりは新フォーマットの影響も大きかったと思います。

近年アメリカンスポーツではオールスターゲームの人気が低迷しており、NBAもその例に漏れず苦戦を強いられていました。

その大きな要因は「マンネリ化」です。かつてはでスターたちが真剣勝負を繰り広げ観客を熱狂させましたが、近年のオールスターはとにかく点数が入る大味な試合が多く新鮮味に欠ける試合ばかりでした。

しかし今回設定された「ファイナル・ターゲット・スコア」は各プレーヤーに競争心を再び植え付け、とても熱のある試合に変えたと思います。

もちろん何事にも全力でプレーしたコービーへのリスペクトも大きいと思いますし、コービーもこのようなオールスターを望んでいたでしょう。

やはり観客が見たいのは最高のプレイヤーがみせる真剣な勝ちへのプレー。

今回のフォーマットがオールスターゲームを熱狂的なものにしてくれるはずです!

それでは今日はこの辺で!Bye!



読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ