Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



3試合ぶりのFG!八村塁の強烈スラムが3/10のTOP10プレーに選出!!

こんにちは!

シーズンも佳境、選手たちにとっても苦しい時期になってきましたね。
八村塁選手もここにきてホークス戦、ヒート戦合わせてFG0/13と苦しい時間を過ごしました。

本人としてもフラストレーションの溜まる展開だったと思います。それでもディフェンスやリバウンドでチームに貢献し、スコットブルックスHCも信頼して使い続けました。

その中で3/11のニックス戦で3本のダンクを含む12得点、7リバウンド、2ブロックの活躍でチームの勝利に貢献しました。


そして更にうれしいことに、八村選手のシュートが3/10のTOP10プレーの9位に選ばれました!



相手PFでエースのジュリアス・ランドルを押しのけ、豪快にダンクを決めるさまは圧巻の一言です。先日はゴール下でかなりブロックを浴びてしまいましたが今日はかなり修正できていましたね。

あとは1on1の場面でもう少しムーブを試してほしいですね。現状だとストップからのミドル、ポンプフェイク、カットインくらいしか見せていないので、まだ一人でフィニッシュまで持ち込める場面が少ないです。

スピンムーブやユーロステップなどパターンを増やせば相手も惑わすことができ、ファールもらえる回数も増えると思います。ウィザーズも来期を見越した選手起用が増えてきたのでその中で八村選手も試して成長してほしいですね。

それでは今日はこの辺で!Bye!



最強NBA情報アカウント!おすすめ日本人Twitterアカウント3選!


ファンの方々はNBAの情報をいち早く入手したいものですよね。

しかし、現地の有益な情報と言えばほとんどが英語だし、信頼できる情報かどうか見分けることも難しい・・。

そこで今回は、ただの情報発信アカウントではなく信頼度抜群かつためになるツイートをしてくれるTwitterアカウントを紹介していきます!

それでは行きましょう。Go!

おすすめ日本人Twitterアカウント


Cata@NBA


NBAの公式アカウントで発信された情報をどのアカウントよりも早く日本語に翻訳し、Twitterしているいわゆる情報発信アカウントです。

しかし、ただ文を日本語訳しているだけではなく、自身の意見やユーモアも交えつつ正確に情報とし届けてくれます。

また、NBAのゲーム2kにて、ゲームならではのドリームマッチをコンピューターに対戦させてYouTubeにて発信するげーみう実況などもしております。

全NBA公式アカウントを見る時間がない、また英語の読解に自信がない方にはぜひおすすめのアカウントです。

Yoko Miyaji


LAに在住の日本人スポーツライター。

日本の雑誌にも記事を寄稿している信頼できる情報を発信しているライターアカウントです。

日本在住のファンでは収集できないような裏話や過去の話などを記事といて投稿しており、現地の文化なども踏まえている内容となっておりファンからすればとても興味深い内容が多いです。

NBA公式の情報だけではなく、少し深い内容も気になるという方にはおすすめです。

Hikki Sicks


日本在住のライター、コラムニスト。

この方をお勧めする理由は、毎年各チームのスレッドを作り、そのチームに関しての内容のツイートはスレッドに変身する形でスレッドを増やしていくという点。

各チームのスレッドがあるためどのチームのファンでも楽しむことが出来る、また他チームの事情や情報も手軽に深く知ることができるという点。

また、どのツイートであっても必ずプラスのことが書かれているので、チームや選手のいいところを新たに発見することが出来る、というのが素晴らしいです。

よりチームの内情や選手に着目している情報がほしい、という方におすすめです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

他にもNBAに関する面白いアカウントはたくさんあるので、ぜひ他にも知っているという方はコメントにて教えてください!

この記事を面白いと思っていただけたら、下の方でブログリーダーの読者登録をしていただけると幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では今回はこのあたりで。

Bye !



怪物の名は本物!ザイオン・ウィリアムソンが大記録を達成!

こんにちは!

突然ですが今のNBAで怪物と言ったら誰を想像しますか。やはり「The Greek Freak」ことヤニス・アデトクンポですかね。見れば見るほど理不尽な男だと思います笑。

しかし最近はヤニスより騒がれている男がいますね。そう、2019年ドラフト全体1位、

ザイオン・ウィリアムソンです。


屈強過ぎる肉体に驚きの身体能力、猫のようなしなやかさでゴール下を制圧。2mに満たない身長ながらハッサン・ホワイトサイドやアンドレ・ドラモンド、ADなど屈強なインサイド陣に一切引けを取らずに暴れています。


そんな彼が大記録を達成しました。それは

10代で10試合連続20得点超え」です。

これは現ポートランド・トレイルブレイザーズのカーメロ・アンソニーの記録を抜いて単独1位の長さ、NBA史上初の快挙です!

因みに彼の最少得点はオールスターウィークエンド、ライジングスターチャレンジでの14得点です。実は途切れています笑。とはいえ記録の上では続いているあたりさすがスターだなあという感じです。


3/2のレイカーズ戦でも試合には敗れてしまったものの、ハワード、マギー、ADがそびえるインサイド陣相手に35得点の大活躍でした。

こうなるときになってくるのが新人王争い。コンリーやマルクと離れ、最下位筆頭候補だったグリズリーズを引っ張るスピードスター、ジャ・モラントか、それとも怪物ザイオン・ウィリアムソンか。

今年は本当に読めないですね。正直能力では甲乙つけがたいので巷で言われているようにどちらがチームをプレーオフに導くかにかかっているでしょう。

NBAの新たな台風の目となった男、ザイオン・ウィリアムソンから目が離せませんね!

それでは今日はこの辺で!Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ