Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



八村選手負傷退場のアクシデントもチーム力で勝ったウィザーズがピストンズを振り切って勝利!

こんにちは! GoGoNBAです。

ミシガン州デトロイトのリトル・シーザーズ・アリーナで行われた八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ vs デトロイト・ピストンズ試合について書いていこうと思います。Go


【試合結果】

ワシントン・ウィザーズ133 - 119デトロイト・ピストンズ✕>


ハイライトはこちらから↓


いやーおもしろい試合でしたね。

1Qにウィザーズが怒涛の攻撃で大量リードと思いきや2Qでピストンズの反撃、そこからの攻防は目が離せませんでした!
勝負の4Qも一進一退の展開でしたがも最後はアイザイア、ビール、ベルターンズの3Pで勝負あり。ウィザーズが連敗を4でストップさせました。



勝利したウィザーズはいいとこなしで敗戦したグリズリーズ戦からよく修正したと思います。今日はエースのSGブラッドリー・ビール(35P、13AST)、怪我から復帰したPGアイザイア・トーマス(23P、6AST)が高確率でシュートを決めるだけでなく、鋭いドライブからフリーの選手へパスを供給し流れるようなオフェンスを展開、ラトビアのレーザーことFダービス・ベルターンズ(35分/17P)を始め周りの選手も二人に応えるようにシュートを決めており、これぞ今年のウィザーズというような猛攻でした。

その中でも今年のドラフト2巡目42位Fアドミラル・スコフィールド(17分/9P)、2年目のFトロイ・ブラウンjr(27分/10P)等ベンチメンバーの若手が躍動していたのがいいですね。怪我人の多いウィザーズですから若い力の奮起に期待!


一方ピストンズは平均リバウンド数16.6本でリーグ1位のCアンドレ・ドラモンド、エースのPFブレイク・グリフィンが欠場し苦しい展開の中でPGデリック・ローズ(22P、6R、8AST)がチームを牽引していました。
彼は圧倒的なスピードとジャンプ力を武器に2008年ドラフト全体1位でシカゴ・ブルズに入団し、2011年にはシーズンMVPを獲得しながら膝の怪我に苦しみ一時は当時所属していたユタ・ジャズを解雇される憂き目を見ながら、不屈の精神で復活した苦労人です。
今日も果敢なリムアタック、3P、正確なアシストパスと全盛期にも劣らないパフォーマンスを見せてくれました。

ローズのスーパープレイはこちら↓



ただ今日のピストンズはインサイドプレーヤー2人を欠いたこともあり、簡単にペイント内へ侵入を許していたのが痛かったですね。
簡単にレイアップを決められるだけでなく、ディフェンスがドライブに集中してしまい外でフリーになっている選手に3Pをズバズバ決められてしまいました。

オフェンスにおいても随所に個人技に頼る単調な時間帯があったことが悔やまれます。次戦は昨年の王者トロント・ラプターズなので修正できないと厳しい戦いになりそうです。


【今日の八村】・・・五村(一村~十村の十段階)

八村塁選手は17分の出場で7得点、3リバウンドでしたが前半終了間際で味方のFアイザック・ボンガの足が股関節に当たり、そのままコートを後にしました。公式で打撲と発表がありましたが心配ですね…。まだシーズン、もとい八村選手のNBAライフは始まったばかり、無理しないで100%の力が発揮できるようにしてほしいです。

そんな中で今日はスクリーンからの2対2のプレーが光りました。ピック&ロールでマークがずれた後、相手が離れていればジャンプシュート、反応が遅れればドライブからのリバースで3Pプレイと多彩な攻めで相手を苦しめました。
この調子で技を磨いて八村選手にはどんな展開でも安定して得点のとれる選手になってほしいですね。


ではまた!Bye Bye



身体能力だけじゃない⁉レブロンジェームズの知られざる才能とすごいところ4選


5db701abdee01950b406f7fb

今や歴代最高の選手ともいわれているレブロンジェームズ

すごい選手であることは周知の事実ではありますが、いったい何がすごいのか?
今回はレブロンジェームズのすごいところ4つについて語っていきたいと思います。Go!





基本情報

名前:レブロン・レイモンド・ジェームズ

誕生日:1984年12月30日

愛称:キング、ブロン、LBJ

身長:206㎝ 体重:113㎏ ウイングスパン:214㎝

ポジション:SF、PF、PG、SG

経歴:
セント・ビンセント=セント・メアリー高校卒業
→クリーブランド・キャバリアーズ(2003年ドラフト全体1位~2010年)
→マイアミ・ヒート(2010年~2014年)
→クリーブランド・キャバリアーズ(2014年~2018年)
→ロサンゼルス・レイカーズ(2018年~現在2019年)


これまでにマイアミヒートで2回(2012年、2013年)優勝、ファイナルMVP受賞
クリーブランドキャバリアーズで1回(2016年)優勝、ファイナルMVP受賞
新人王、得点王1回(2008年)、シーズンMVP4回(2009年、2010年、2012年、2013年)
また多くのオールNBAチーム選出、オールディフェンシブチーム選出、オールスター選出、オリンピック入賞を果たしています。


ずらぁ~っと経歴や受賞歴を書かれてもよくわからないと思うので、
さっそく私が思うレブロンのすごいところについて語っていきたいと思います!!




①人間離れした身体能力

まずはこの動画をご覧ください。



高校時代までレブロンはバスケとアメフトをやっていたこともあり、スピードと高さだけではなくパワーも兼ね備えています。
203㎝、113㎏の巨体がこれだけのスピードで動くのですから、化け物ぞろいのNBA選手たちといえどもはやお手上げ状態ですし、歴代のリーグ全体の選手と比較しても規格外です。




またディフェンスにおいても理不尽なプレーを連発します。



この後方から追いかけてシュートをブロックする「チェイスダウンブロック」
はレブロンの代表的な得意プレイの一つです。


スティールしてワンマン速攻だ~とレイアップにいこうとした際に、ふと後ろを見てこの男がこっちに向かって走っているのであればボールなんて捨てて逃げたほうが身のためです。


またこのチェイスダウンブロックですが、レブロンの身体能力や筋力、走力から考えると大体7~8割程の力しか使って跳んでいないとのことです・・・(本気で跳んでしまうとボードに顔が当たってしまうとかなんとか・・)


ちょっと何言ってるかわかりませんね。では、次に行きましょう。




②すべてが最高クラスのオールラウンド力

先ほどお話ししたように、レブロンはその身体能力をいかんなく発揮してドライブ、パワープレイ、ランニングプレイ様々な理不尽ともいえる方法で得点を取ることができます。


またそこに加えてジャンプシュート、3Pなどアウトサイドからの得点もできます。



2003年デビューしてから現在(2019 12月)までのキャリア平均得点は27.1 PTS

毎年1番得点を取る得点王の選手が大体、30 PTSちょっとなので毎年それよりチョイ下の得点をキープしているということになりますね。


また、歴代総合得点ランキングでも4位に位置づいており、このままいけば1位のカリーム・アブドゥル・ジャバーにもたどり着けるかもしれませんね・・そのレベルになるともはや神々の遊びです。


このように得点能力に関しては間違いなく歴代でもトップクラス。


しかし、


レブロン曰く、レブロンは自分のことをスコアラーとは思っていないそうです。


どういうことかといいますと、


レブロンはゲームメイクをしてチームメイトを活かす、

いわゆる
ポイントフォワードだとのことです。


つまりレブロンは、得点能力だけではなく、パスの能力も歴代トップクラスなのです。



レブロンはチームメイトのシューティングをよく観察しており、そこからどのぐらいの高さとスピードのパスを出せば気持ちよく打ってもらえるかなども考えているとのこと。

こんなパサーとプレイができるシューターは気持ち良いでしょうね~

また、過去に何度もオールディフェンシブチームにも選出を果たしているように、ディフェンダーとしても非常に優れています。

これらを見ただけでも、レブロンがいかに優れた選手であるかよくわかると思います。


しかし、レブロンの本当に驚くべき才能はほかにあります。

次にお話する内容は、少しおとぎばなしのように感じてしまうかもしれませんが

それが、‘‘キング‘‘レブロンが何年もリーグのトップに君臨し続けている理由になっています。


③天才的な‘‘バスケIQ‘‘


バスケットボールIQとはざっくり言いますと、

「相手選手の動きや考え、また相手チームの戦術を読む力」ことで、 具体的に数値があったり測定ができるわけではありません。

山のようなセットプレーやシステムを覚えなければならず、かつトップレベルの選手とハイレベルな駆け引きをしなければならないリーグなので、基本的にNBA選手のバスケIQは高いです。

しかし、特にレブロンのバスケIQは高いといえます。





2016年のNBAファイナル(クリーブランド・キャバリアーズ vs ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ではチームの戦力では明らかに劣っていたレブロン率いるキャバリアーズですが、レブロンのバスケIQとドレイモンド・グリーンの股間パンチがキャバリアーズの優勝を導いたといっても過言ではありませんでした。

また、レブロンのありえないような高いバスケIQエピソードとして、

・1つの画面に何分割かされた別々の試合を見ている動画をインスタグラムにアップしており、それについて記者からの


「一度に別々の試合一気になんてちゃんと観れているのか?」
という質問に対して

「ちゃんと同時に何が起きているか、どんなプレーをしたか、
そしてどんなセットをしていたか覚えているよ
と返し話題になりました。

これだけ超人的な記憶力を持っているので、記者は面白半分で
「〇〇の試合の〇〇分の〇点目のプレイですが、解説をお願いします」

などと質問しても、レブロンはしっかりと詳しくそのプレイについて話したり、

対戦相手チームのコーチ達もレブロンを必死にだますために、プレーブックにありもしないセットをコールしてみると、レブロンから

「そんなセットないだろ?(笑)」

とバレバレだったとのこと。


また、対戦相手選手がセットプレーで立つ位置を間違っていた時も、レブロンがその選手に正しい場所を教えてあげたりともう意味が分かりません。


これだけの脳みそを持つセンスがコートに立っていれば、ちょっとやそっとの戦術じゃ打ち倒すことなんてできませんよね(苦笑)


④チームメイトとしての人柄


今まではレブロンのバスケットボールの競技力での魅力を魅力を語ってきましたが、レブロンは歴代最高峰のチームメイトでもあります。

スーパースターとなると、他選手やコーチとの衝突は珍しいことではありませんし、実力があるからこそ意見を強く言えるとも言えます。
実際にチーム内でのもめごとが原因で移籍することもあります。


しかしレブロンは過去に一度もトレードを噂されたこともなければ、

チームメイトやコーチと衝突したこともありません。


もちろん、プレーについてははっきりとものをいうタイプではありますが、

そこから関係を悪くするようなことがないのもレブロンの大きな長所とも言えます。


むしろ、チームメイトとは頻繁に食事へ行ったり、家は招いてパーティーをしたり、

チームメイトへ2015年にはアップルウォッチを、2016年にはThom browneのスーツ、バッグ、革靴、サングラスなどの一式をプレゼントしたりなど、チームメイトをとても大事にしているように見えます。


images (2)
 ↑一式約400万円×12人なのでとんでもない額ですが、レブロンからすればちょっとしたプレゼント感覚なんですかね・・・(笑)


また高校時代からチームメイトをないがしろにされ、自分ばかりが注目されることを嫌い、

チームメイトへのアシストを好んでやっていたとのことです。

もしかしたらそういう性格だからこそスコアラーではなくプレイメーカーだ、と強調しているのかもしれませんね。


また幼少期はとても貧しく母子家庭で育ったというつらい経験があるからこそ、

‘‘仲間‘‘の大切さを知っており、チームメイトの活躍を本気で喜べるのだと思います。

まとめ


いかがだったでしょうか?

まだまだレブロンジェームズのすごさは語り切れていませんが、まだまだ現役でやっておりまだまだ成長中ですので、いったいこれからどうなっていくのかベテランなのに末恐ろしいです。


まさに漫画に出てくるような才能を持つ選手ですので、何十年もたった後に子供たちから

「レブロンジェームズって神話に出てくる架空のバスケ選手でしょ?実在しないよ」

と、言われたときにしっかりとレブロンは存在したんだといえるように、

生きる伝説、レブロンジェームズをしっかりとこの目に焼き付けておきましょう!!


読んでいただき、ありがとうございました。

ではでは、Bye!



【夢の対決実現】八村塁vs渡邊雄太




こんにちは! Go!Go!NBAです。

今日は八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ vs 渡辺雄太選手所属のメンフィス・グリズリーズの
試合について書いていこうと思います。Go!Go!


【試合結果】

ワシントン・ウィザーズ111 - 128メンフィス・グリズリーズ






今日の試合はなんといっても初の日本人対決!八村選手渡辺選手が同時に同じコートに立つ歴史的対戦でした!このような日が来るとは…とても感慨深いです。



試合結果はグリズリーズが終始ウィザーズを圧倒し、勝利しました。
グリズリーズは今年のドラフト全体2位指名のPGジャ・モラントが18得点、4リバウンド、5アシストで牽引、同ドラフト全体21位のPFブランドン・クラークが25得点、4リバウンド、3年目のSFディロン・ブルックスが27得点と若手選手が躍動しました!



なかでも注目はブランドン・クラーク!ゴンザガ大学時代に八村選手とチームメイトで、その当時から高い身体能力を武器に八村選手とともにチームを牽引していました。
今日の試合でもその身体能力をいかんなく発揮されており、210㎝あるウィザーズのイアン・マヒンミの上から豪快にダンクを叩き込むなど、大活躍!
チームは違えど八村選手とはお互い高めあっていけるいいライバルとして競い合ってほしいですね!





Gリーグメンフィス・ハッスルでは主力として活躍しているものの、グリズリーズではあまり出番がもらえていない渡辺選手でしたが今日は今シーズン最多の7分出場で3リバウンドでした。中々ボールに触れられず、アピールはできませんでしたが何とか本契約につながる活躍をしてほしいですね。


対するワシントン・ウィザーズはエースのSGブラッドリー・ビール(FG% 34.8%)、今シーズン3ポイント好調のFダービス・ベルターンス(3P% 16.7%)が徹底的にマークされ自慢のオフェンスが沈黙、試合を通して流れをつかむことができませんでした。


【今日の八村】・・・四村(一村~十村の十段階)
八村塁選手は28分の出場で10得点、4リバウンドでした。8戦連続の二桁得点を記録しましたが、ファウルトラブルもあり思ったようなプレーは出来ませんでした。今日のように得点の伸び悩むような展開の際にはもっとリムに積極的にアタックして、ゴールをもぎ取ってほしいですね。

ではまた!Bye Bye!



読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ