Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



【あなたはいくつ知ってる?】NBAのハッシュタグの意味4選

こんにちは!

皆さんはNBAの情報はどこから仕入れていますか?

私はやっぱりTwitterやInstagramなどSNSをよく活用しています。というのも遠いアメリカの最新情報がリアルタイムに入ってくるからです。(英語を読むのは大変ですが…。)



いやー便利な時代になりましたね。


ただ、現地の投稿を見ていると「これってなんだ?」と思うことってありませんか?


例えば球団ごとのハッシュタグ、#Celticsのように球団名そのままは分かりますがよく見るウォリアーズの#Dubnationって何のことでしょうか。知ってるようで実は知らない…。



EH-wsXjVUAAKE__



そこで今回は球団のハッシュタグの成り立ちや意味について調べてみました!Go!




#Dubnation

Dubnationはゴールデンステイト・ウォリアーズのSNS投稿に用いられるスローガンで、「worriars」の頭文字”w”をもじってDub、後ろに国家、国民等を現す「nation」をくっつけた造語です。日本語でいうところの「ウォリアーズ国家」といったところでしょうか、ウォリアーズを応援する人々を国民に例えるセンスはさすがアメリカ!今シーズンこそ低迷していますがGステファン・カリー、Gクレイ・トンプソンのスプラッシュブラザーズを中心にリーグを席巻したウォリアーズはまさしく「強国」そのものでしたね!



#RipCity
#RipCityはポートランド・トレイルブレイザーズのSNS投稿に用いられるものです。これはある実況の一言から生まれました。それは1971年2月18日のロサンゼルス・レイカーズ戦のことです。1970年よりNBAに加盟したトレイルブレイザーズ下位に低迷し、この試合も20点差をつけられ完敗ムードでした。その敗色濃厚ムードの中ボールを手にしたSGジム・バーネットはハーフラインからシュートを放ちました。因みにこの頃は3Pのルールはなく、特に意味のない行為でしたがシュートは見事にゴールを射抜きました。そのプレーを見た観客は大歓声を上げ、実況のビル・ジョーニーはこう叫んだそうです。

「RipCity!,Alright!」

これが#RipCityの由来になりますが、この言葉は実況のビルが興奮して発しただけで特に意味はないそうです(笑)。とはいえこの何気ない一言が50年近くトレイルブレイザーズの魂を表しているのは素敵ですね。

参照:https://theculturetrip.com/north-america/usa/oregon/articles/why-is-portland-called-rip-city/
   https://www.basketball-reference.com/boxscores/197102180POR.html



#TakeNote

#TakeNoteはユタ・ジャズのSNS投稿に用いられるもので、直訳すると「注目する、注意する、気づく」にという意味になります。この場合だと「刮目せよ」みたいな感じですかね(間違ってたらごめんなさい)。

面白いのがこのTakeNoteというスローガン、元を辿るとSLC DUNKというジャズファンのコミュニティーにて最初に生み出されたという説があるのです。ただそのサイトを見ていくと、掲示板上にそのスローガンが出た後に公式より同じものが発表されたことから「もしかしたら公式がここのこと見てんじゃね?(笑)」みたいなノリで書いてあったので軽いジョークかな(笑)。ただファンの間で話題になったスローガンを球団が公式にしているとしたら中々粋ですねぇ。

参照:https://www.slcdunk.com/2016/10/24/13386522/nba-utah-jazz-preview-take-note-sartorii-badvoodoo



#RepTheDistrict
#RepTheDistrictは我らが八村選手所属のワシントン・ウィザーズのSNS投稿の際に用いられるスローガンです。ウィザーズが本境地とするワシントンDCは「The District」とも呼ばれることから、このスローガンは「ワシントンDCの代表」という意味ですかね(これも違ってたらごめんなさい泣)。皆さんも八村選手についてアップする際は#RepTheDistrictを付けてウィザーズを応援しましょう!

いかがだったでしょうか?NBAの文化に触れるのも中々興味深いですね。これからもカルチャーの面にフォーカスした記事もどんどん書いていきたいです!
ではまた!Bye!



天才3Pシューター、ステファン・カリーのシュートがもはや異次元ww


images (5)


NBAを代表するスリーポイントシューターは?と聞かれたら大半の人が、ステファン・カリーの名前を挙げると思います。
それくらいスリーポイントの精度が高い選手でありますが、いったいカリーはどれだけ桁違いなシューターなのでしょうか?

今回はスーパーシューター、ステファン・カリーの笑ってしまうようようなシュート力について語っていきたいと思います。Go!!

 基本情報

誕生日:1988年 3月14日

愛称:ステフ、カリー

身長:191㎝ 体重:86㎏ ウイングスパン:192㎝

ポジション:PG

経歴:
デビッドソン大学(2007年~2009年)
→ゴールデンステイト・ウォリアーズ(2009年~2019年現在)


ではさっそくステフの意味不明なシュートを見ていきましょう

 1試合3P成功記録

2016年 2月27日 3P16本中12本成功(75%)


カリーはこの試合、12本のスリーポイントを成功させてNBA歴代最多成功数の記録に並んだ(コービーブライアントとドニエルマーシャルとタイ記録)
またこの試合は終始サンダーと接戦を繰り広げ延長戦に突入し、同点の残り2秒にハーフコート少し手前から放った3Pシュートが成功し逆転勝利しました。
3Pの記録を打ち立てると同時に逆転シュートを決めるとはなんとも持っている男です。


2016年 11月4日 3P17本中13本成功(76%)


翌シーズンのこの試合では、昨シーズンに自身が記録したNBA3P成功数の記録12本を塗り替えて1試合13本の3Pを成功させました。
これにて目指す3P成功数の壁が自分だけという天才ならではの状況になりました。
にしても、こんだけ決められると相手チームもどうすればいいのかわかりませんね(笑)

しかし、2018年10月18日にチームメイトであるクレイトンプソンに1試合で14本の3Pを決められ記録を塗り替えられてしまいました。
ここまで来たらカリーに15本以上の3Pを決めてもう一度記録を更新してほしいですね!

異常だった2015‐16シーズン

これまでのシーズン全体での合計3P成功記録はレイアレンの269本です。このシーズンアレンは78試合に出場したので1試合平均3~4本成功させています。ちなみに優れたシューターは相手チームから執拗にマークされるので、その中でもコンスタントにこの本数決められるというのは普通に考えれてもかなり異常です。

しかしながら天才シューターのカリーは2012‐13シーズンに78試合に出場し、272本の3Pを成功させこの数字をなり替えました。さすがです。

また2014-15シーズンには80試合に出場し、286本の3Pを成功させて自身のNBA記録を塗り替えました。さっきから記録を塗り替えすぎです。1試合平均で3~4本決めていることになるので、頭がおかしいです。
また自身初のシーズンMVP、そしてNBAファイナルでレブロン率いるクリーブランド・キャバリアーズを倒し、NBA制覇を果たすなど順風満帆のシーズンでした。

しかし事件は2015‐16シーズンに起こりました。

カリーはこのシーズン79試合に出場して、402本の3Pを成功させました。

???

打ち間違いではありません。402本です。
なんと自身が打ち立てた記録を100本以上上回り記録を更新しました。
1試合当たり5~6本決めています。



優秀なシューターが調子がいい時に大体1試合で5本ちょっと決めますが、カリーはシーズンを通してそれを保っていました。これは本当に異常な数字です。
またチームも、マイケルジョーダンが率いていたシカゴブルズが打ち立てたチーム最高勝率の72勝10敗を打ち破り、73勝9敗を記録し、カリー自身もNBA史上初となる満票でのシーズンMVPを受賞しました。

このシーズンでカリーは歴代ベストシューターにとどまらず、歴代ベストPGなのでは?といわれるまでになりました。

 シュートクリエイト能力

カリーがほかのシューターと一線を画している点として、シュートを打つまでの動きにあります。

歴代トップのシューターであるレイ・アレンやレジー・ミラーを始めとして一般的にシューターは、味方のスクリーンを使いディフェンスを振り払うことでフリーに近い状態を作り出し、シュートを放っています。

しかしカリーはボールを受けてドリブルをしながら優れたハンドリングを駆使し、自分自身でシュートを打てるスペースをクリエイトすることができます



そのためディフェンスは3Pだけではなくドライブも警戒しなければなりませんが、そのおかげで3Pも警戒しなければならないというジレンマに陥ってしまいます。まさに地獄のような選手ですね。

では試合でこれだけ決めることができるカリー、練習ではどんな感じなのでしょうか?

 カリーのシュート練習風景

まずはこちら

50本打って3本しか外しません。3本て(笑)
続いてこちら



100本打って93本成功。途中77本連続で成功しています。
ゴールの下にいればボールが落ちてくるのでリバウンド取る人がめちゃくちゃ楽そうですねw

 まとめ

カリーがどれだけ異次元なシューターなのか伝わったと信じたいですが、彼は3Pシュート以外にも魅力がたくさんあります。
3Pに関係する記録をほとんど塗り替えてしまったカリーですが、通算NBA3P成功数は現時点(2019年12月)では1位レイ・アレン、2位レジー・ミラーに続いて3位です。

このペースでいけば1位になるのはほぼ確実ですが、怪我やスランプなど予期せぬ事態もあるのでこの活躍が続くのを願うばかりです。

いつかカリーが1位になる瞬間が来たら見逃さずに目に焼き付けましょう!!

では今回はこのあたりで。Bye!












【怪我人の日給で家が建つ?】満身創痍対決は王者ラプターズがウィザーズを下し勝利!なお八村選手は今日もお休み

こんにちは!

今日は12/21トロントのスコティアバンク・アリーナで行われた八村塁選手所属のワシントン・ウィザーズ
 vs トロント・ラプターズ試合について書いていこうと思います。
Go

【試合結果】

<ワシントン・ウィザーズ118✕ - 122トロント・ラプターズ


ハイライトはこちら↓



はい、今日はいろんな意味ですごい試合でした。というのもウィザーズは長期離脱中のエースPGジョン・ウォール、八村選手を始め6人、ラプターズはエースFパスカル・シアカム、インサイドの要Cマルク・ガソル等3人と両軍合わせて9人ものプレーヤーが怪我で欠場したのです。


両軍の台所事情が思いやられますね…。


因みに今日欠場した選手の年俸の総額は約110億円、シーズン82試合で割るとその日給はなんと1億3450万円!*これだけあれば都内でも家が買えます。改めてNBA選手の高給取り度には驚かされますが、支払ってる球団のことを考えるとこっちまで胃が痛くなりますね(笑)。
参考:https://hoopshype.com/salaries/players/ 1ドル109円で計算


さて、気を取り直してトロント・ラプターズについて紹介しましょう。ラプターズはカナダのトロントをホームタウンとしており、NBA30球団の中で唯一アメリカ外に本拠地を置くチームです。そのような事情もあり、非常に地元民に人気があります。


イースタンカンファレンスでは上位常連ながら近年は天敵レブロン・ジェームズ(当時クリーブランド・キャバリアーズ)にプレーオフで阻まれ中々結果を出せずにいました。しかし、昨シーズンは現ロサンゼルス・クリッパーズFカワイ・レナードを中心に強固なディフェンスと堅実な試合運びを武器に3連覇が有力視されていた絶対王者ゴールデンステイト・ウォーリアーズを下し、NBAチャンピオンの座をつかみ取りました。


今シーズンは先述のレナードなど戦力の流出がありましたが、堅実な試合運びで現在20勝8敗でイースタンカンファレンス4位と高順位をキープしています。


そんなラプターズから注目選手はこちら、PGフレッド・バンブリード!


小柄な体躯にくりくり坊主でかわいらしい選手ですが、その実力は本物。2016年にドラフトにエントリーも指名漏れ、サマーリーグから契約を勝ち取った苦労人ながら、2nd ユニットのガードして頭角を現し昨シーズンのファイナルで大活躍!今シーズンも36.5分の出場で18得点、7.1アシストと自己ベストの成績を記録しています。185㎝の身長ながら粘り強いディフェンス、高確率の3P 、そしてバスケIQの高さを武器に活躍するバンブリード。日本人プレーヤーにとってお手本のような選手ですね!


今日は熱戦でしたが1Qの出来がそのまま勝敗に直結したように思えます。

勝利したラプターズは1Qこそで40得点の猛攻、17点差をつけましたがそれ以降のクオーターは全て点差を詰められていたので何とか貯金で食いつないだゲーム展開でした。エースのシアカム、インサイドの柱マルクがいない苦しい状況ながら価値ある1勝をあげましたね。


今日はCサージ・イバカが23得点、10リバウンド、3ブロックとゴール下でいい働きをしていましたね。攻めては力強いアタック、セカンドチャンスにつながるオフェンスリバウンド!守ってはウィザーズゴールに立ちはだかり、何度も豪快なブロックショットをブチかましました!

他にもGカイル・ラウリーは26得点、9アシストを記録し勝負どころでは3Pを沈め、バンブリードは18得点8リバウンド、9アシストで4Q後半には貴重なフリースローを決めるなど相変わらずゲーム巧者でしたね。


対するウィザーズは善戦したもののやはり1Q の借金が重くのしかかりましたね。エースGブラッドリー・ビール(37得点、7リバウンド、6アシスト)の活躍を中心に粘り強く戦い、一時は同点まで迫ったのですが一歩及びませんでしたね。Fダービス・ベルターンズの3Pが2/12で16.7% と不発でしたが、これまでの貢献を見ると責められません。ディフェンスに関しても1Q以外は30点以下に抑え上々の出来でした。本当に1Qがなあ…。


ただ今日は2way契約のFギャリソン・マシューズがオフェンスリバウンドでナイスハッスルしていて良かったですね。苦しい台所事情ですが普段出番のない選手にはアピールしてほしいです!


【今日の八村】・・・お休み村
はやくプレーみたいなあ。


それではまた!Bye Bye!


読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ