Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



理不尽すぎて誰も止められないww現役最強PFアンソニーデイビスについて


images (16)

2019年現在のNo.1PFと名高いADことアンソニー・デイビス。

レブロンジェームズという最強の相棒も手に入れたことで、今シーズン所属しているレイカーズは優勝候補であり、AD自身はMVPの候補でもあります。

見るからにモンスターな彼ですが、その圧倒的な強さと理不尽なプレーを紹介していきます!Go!



【基本情報】

誕生日:1993年 3月11日

身長:208㎝ 体重:115㎝

ウイングスパン:227㎝

愛称:AD、The Blow(ちなみに眉毛は2本なのでBlowsですが、つながっており1本なのでBlow)

経歴:
ケンタッキー大学(2011~12)
→ニューオリンズ・ペリカンズ(2012~19)
→ロサンゼルス・レイカーズ(2019~)

学生時代

ADは中学時代、コーナーから3を打つ小さい選手という認識をされており、高校1年生入学の時点では183㎝ほどでガードをやっていたなど、身長はそんなに大きくはありませんでした。

しかしここから急激に身長が伸び、高校3年生の時点で203㎝ほどになりました。もともとガードをやっていたことでハンドリング能力は十分にあったので、マッチアップするセンターはその機敏な動きを止めることができませんでした。

そのポテンシャルを買われ、大学は名門ケンタッキー大学へと進学。
1年生ながらエースとして活躍し、チームをNCAAトーナメントで優勝に導きました。

20120402__20120403_B1_SP03BKCFINAL4-1248p1


ペリカンズ時代

2012年アンソニーデイビスはドラフト全体1位指名でニューオリンズホーネッツ(現ペリカンズ)へ入団しました。
しかしお世辞にも強いチームとは言えず、スモールマーケットのためスター選手も獲得しずらいチームだったので、ほぼAD頼みのチームでした。
そんな中ADは、6回オールスター選出(うち1回MVP受賞)、3回のブロック王、3回のオールNBAチーム1stチーム選出、平均23.7得点、10.5リバウンドと申し分ない結果を残しました。

チームも2015年と2018年にプレイオフへ進出しましたが、2015年では一回戦敗退、2018年では二回戦敗退と、なかなか勝ち進むことはできませんでした。

特に2018年はレイジョン・ロンド、ジュルー・ホリデー、デマーカス・カズンズなど布陣は揃っており、チームとしても機能していたのでプレーオフのダークホースとして挙げられていたが、ツインタワーの相方カズンズがアキレス健を断裂してシーズンエンドしてしまったことで、苦しい状況となってしまいました。

そんな中、18‐19年シーズン中にADはチームに対してトレードを要求。7年間引っ張て来たチームをついに離れることとなりました。

images (17)


レイカーズ時代到来

19‐20年シーズンからはロサンゼルスレイカーズに所属することになったAD。
昔からあこがれていたレブロンジェームズ(学生時代からつけていた23番はレブロンの影響)とともに目指すは優勝のみです。

ちなみに、レブロンはADとの入団歓迎の食事の際に、ADに「DAVIS」と名前が入ったレイカーズの23番のユニフォームをプレゼントしました。もともと23番はレブロンがつけていたのですが、入団してくれた感謝とADへのリスペクトとしてその背番号を譲ったのです!

しかし、レブロンの23番のユニフォームはすでに大量に作られていたので、ナイキ側がそのような急な番号変更はダメと却下されてしまいました(笑)

そのため、レイカーズ1年目のシーズンは3番をつけてプレイしています。

images (18)

なのでもしかすると来シーズンは23番のDAVIS、そして6番のJAMESが見られるかもしれませんね!!

そんな現役最強のレブロンとの相性は抜群です。



またペリカンズ時代相性が良かったレイジョンロンドをはじめ、多くのサポーティングキャスト、そして今は怪我で欠場中ですがカズンズもおり、レイカーズの時代が始まったといっても過言ではないです。


理不尽すぎるプレイスタイル

彼のポジションはPF。身長や体つきだけでなく、高い身体能力とペイント内でゴールへねじ込む高い得点能力で得点を量産します。

しかし、彼は先ほど述べたように、高校時代まではガードとして3を打ったりドリブルを武器としてプレイしたいました。なので、その身長では考えられないくらい機動力があり、ハンドリングがあり、外からのシュートを打てます。



これだけのサイズと機動力とシュート力、おまけにディフェンス力がある選手を止めるのはもはや至難の業です。

また、レイカーズに加入したことで、相手チームはAD一人だけにディフェンスを集中することが出来なくなったため絶賛理不尽プレイで大活躍中です。


いかがだったでしょうか?
ポテンシャルと能力の化け物みたいなADですが、まだまだ年齢的にはこれからなのでどんどん成長していくのが楽しみなのと反面、どうなってしまうのかもはや怖いです(笑)

レイカーズで最強の相方レブロンジェームズを手にしたことで、悲願のチャンピオンリングを手にすることが出来るのかも見ものですね!

では今回はこのあたりで!Bye!



【優勝請負人の素顔は鉄仮面】八村選手も憧れるカワイ・レナードってどんな人?



こんにちは!
今回は八村選手が目標と公言しているカワイ・レナードについて語っていこうと思います!Go!


【基本情報】
誕生日:1991年 6月21日

身長:201㎝ 体重:104kg

ウイングスパン:221㎝

愛称:The Claw(ザ・クロウ)かぎ爪という意味

経歴:
サンディエゴ州立大学(2009~2011年)
→サンアントニオ・スパーズ(2011年~2018年)
→トロント・ラプターズ(2018年~2019年)
→ロサンゼルス・クリッパーズ(2019年~)

スパーズ時代

レナードがNBAデビューから9年間過ごしたスパーズですが、実は2011年のドラフト1巡目で指名した選手は現サクラメント・キングスのGコーリージョセフでした。というのもレナードに惚れ込んだ名将グレッグ・ポポビッチ含むスパーズフロントが1巡目15位で指名していたインディアナ・ペイサーズとドラフト当日にトレードを行い獲得したのです。その時にスパーズは当時チームの中核選手であったGジョージ・ヒル(現ミルウォーキー・バックス)を対価に放出するほどであり、いかに彼に期待していたかがわかりますね。余談ですが現ワシントン・ウィザーズのダービス・ベルタ―ンズこのトレードでスパーズに移籍しております。


レナードは当初からその才能を遺憾なく発揮しており、ルーキーシーズンにはオールルーキーチーム1st(ルーキーのベスト5)に選出、3年目の2013-2014年シーズンにはレブロン・ジェームス率いるマイアミ・ヒートを下しNBAチャンピオンに輝き、自身はなんとファイナルMVPを獲得しました!

その後もスパーズのエースとして活躍し、NBA最優秀守備選手賞やオールNBAファーストチームに選出されるなど順風満帆な日々を過ごしたレナードでしたが、ある悲劇が彼を襲います。

それは
2016-17シーズンのウェスタン・カンファレンスプレーオフのこと。彼は足首に不安を抱えながら、チームをカンファレンス・ファイナルまで導きました。その時の対戦相手は王者ゴールデンステイト・ウォリアーズ。激戦が予想される中始まった第1戦、いつも通りチームを引っ張るレナードでしたがシュートを放った際に当時ウォリアーズCザザ・パチュリアと接触し、負傷。彼がコートに戻ることはなく、チームも敗退しました。

翌シーズンも負傷が続き、わずか9試合の出場に終わったレナード。更にリハビリ方法を巡ってチームとの関係は悪化、トレードを要請したことから当時のラプターズエースのGデマー・デローザンと交換される形でラプターズへ移籍しました。


ラプターズ時代

慣れ親しんだスパーズを離れ、ラプターズへ移籍したレナードでしたが、その移籍の経緯などもあり批判が殺到。「スパーズの組織がなければ活躍できない」、「今年は適当に流して来年移籍するだろう」などと好き勝手言われましたが、彼はここでもチームを牽引。特にプレーオフではフィラデルフィア・セブンティーシクサーズやミルウォーキー・バックス等イースタンの強豪を次々撃破、ファイナルへ進出しました。ファイナルの相手は宿敵ウォリアーズ、厳しい戦いが予想されましたがラプターズはレナード中心に奮闘し4勝2敗で球団初のNBAチャンピオンに輝きました。2度目のファイナルMVPを獲得したレナードはその後、地元であるロサンゼルス・クリッパーズへの移籍を表明しますが、球団に優勝をもたらした英雄としてトロントで称えられています。


クリッパーズ時代


そして今シーズンより移籍したクリッパーズではオールスターFのポール・ジョージ、最強のシックスマンことFルー・ウィリアムズなど強力メンバーを率いて、現在22勝10敗でウエスタン・カンファレンス4位と快進撃を続けています。


完璧無欠のバスケマシーン

彼を語る際に真っ先に上がるのは、鉄壁のディフェンスでしょう。
201㎝とNBAの中では平均的な身長ながら、221㎝のウィング・スパンとClawと例えられる大きな手を武器にどんな相手でも封じ込めます。その実力はあのレブロン・ジェームスもリーグベストディフェンダーに挙げるほどです。



そんなレナードですがオフェンスも怪物級。ドライブにミドルシュート、3Pと多彩な方法でゴールを決めていきます。そして彼の真の恐ろしさはその勝負強さ。去年のプレーオフでのセブンティーシクサーズ戦で決めたゲームウィナーは記憶に新しいですね!



素顔は鉄仮面?

レナードでお馴染みといえばそのポーカーフェイスぶりでしょう。彼はド派手な選手集まるNBAのリーグには珍しく、寡黙でまじめな選手といわれています。試合中も滅多に笑わないといわれますが最近は昔に比べて表情を出す機会が多くなったような気がします。ウィザーズと対戦した際も八村選手のことほめてましたしね。


これからもリーグの顔として万能な能力とポーカーフェイスに潜めた闘志でNBAを牽引していくことでしょう!
それでは今日はこのあたりで!Bye!

1人で50得点はもはや当たり前ww NBA No.1スコアラーのジェームズ・ハーデンって一体何者??


images (12)

今回はヒゲがトレードマークであるジェームズハーデンについて、その並外れた得点能力について語っていきたいと思います。Go!

 基本情報

誕生日:1989年 8月26日

身長:196㎝ 体重:100kg

ウイングスパン:210㎝

愛称:The Beard(ザ・ビアード)ヒゲという意味

経歴:
アリゾナ州立大学(2007~2009年)
→オクラホマシティ・サンダー(2009年~2012年)
→ヒューストン・ロケッツ(2012~)

 サンダー時代

ハーデンは2009年にドラフト全体3位指名でオクラホマシティ・サンダーに入団しました。

images (15)


今でこそリーグトップのスター選手ですが、この当時はベンチからの出場が多かったハーデン

しかし、ベンチ出場ながらもその才能をいかんなく発揮し、2011~2012年のシーズンにはNBAで最も優れたベンチプレイヤーに贈られる6thマン賞を受賞してチームのNBAファイナル進出に大きく貢献しました。ファイナルではレブロンジェームズ率いるマイアミ・ヒートに惜しくも敗れてしまいました。

このファイナルの後にFAになったハーデンはサンダーと長期契約を望みましたが、サンダーからはそのオファーがなかったためほかのチームへと移籍することを決断しました。

 ロケッツ時代

サンダー期とは違い、チームのエースとしてプレイしていたハーデンは着々と個人の成績を伸ばし、チームも毎年プレイオフに出場しましたが、なかなか勝ち進むことはできませんでした。

そんななか、2016‐17年シーズンに新しくHCとして就任したマイクダントー二によって、今までのポジションであったSGからPGでの起用されることになりました。そしてこの起用方法はハーデンの得点能力だけではなくパサーとしての才能も引き出すことに成功しました。

このあたりからうっすらとハーデンの化け物っぷりが垣間見えてきました。

 ステップバックシュート

ハーデンといえば、この技ですね。



この技は当初、トラベリングではないかとの意見が殺到しました。
実際僕自身もトラベリングだと思っていました(笑)

そんな中、リーグは正式にこのムーブを反則ではないと認めました。
ボールを完全に保持するときと、それ以前での踏切はギャザーステップ(0歩目)としました。

このルールが制定されてからというものの、ハーデンのステップバックはだれも止められないものとなり、無双状態となってしまいました。
17-18年シーズンで平均30.4得点を記録し、自身初の得点王を受賞
18-19年シーズンではなんと平均36.1得点を記録

この数字はさすがに化け物すぎますね。ここまでくると歴代のトップスコアラーたちと比較されても何の疑問もありません

また、対戦チームも必死になってハーデンのステップバックに対策をします。



この動画のハーデン率いるロケッツの対戦相手のユタ・ジャズはリーグでも有数のディフェンスチームです。
にもかかわらず、こんなディフェンスにたどり着くわけですからもうハーデンを守るのはあきらめて神に祈るほうが効果があるかもしれませんね(笑)



いかがだったでしょうか?

現役にとどまらず歴代でもトップクラスのスコアラーともいわれているジェームズハーデン。
今シーズンは元チームメイトでMVP受賞歴もあるラッセル・ウエストブルックを相棒につけ、いまだ手にしていないチャンピオンリングにむけて準備万端です!

まだまだ進化するハーデンから目が離せません!!

それでは今回はこのあたりで。Bye!!



読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ