Go!Go!NBA

NBA大好きな管理人がNBAに関して日々緩く語ります。



謎のチームがリーグを混沌(カオス)に導くのか?ボロボロのウィザーズの強さに迫る!

こんにちは!

NBAのシーズンもそろそろ半ば、皆さんはどこのチームに注目していますか?
キング・レブロンの率いるレイカーズ?それとも優勝請負人レナードをはじめに勝負人が揃ったクリッパーズ?

私はなんといってもン・ウ! 
(といっても八村選手目当てで見始めたにわかなんですけどね。)



しっかしウィザーズ、とにかく勝てない。日本のスポーツニュースでは「八村選手○○得点の活躍!なおチームは…」というワードが頻出しました。

その八村選手も不幸な事故で負傷し、欠場中。エースのビールやスーパーシューターのベルターンズなどチームの主力もほぼ怪我で全滅。

「こんな状況じゃ絶望…」そう思っていましたが、ここにきて何かがおかしい。イースト3位のヒート、ウェスタン2位のナゲッツ、更にイースト2位のセルティックスまで次々撃破しました!

あまりにメンバーが変わりすぎて「謎のチーム」とまで形容されたウィザーズがなぜここにきて猛威を発揮しているのか、ここではその一部について考察しようと思います!GO!


謎のチームのここがすごい!
① あまりにメンツが謎


はい、いきなりすいません。生粋のウィザーズファンの皆様、怒らないでください(笑)。
というのもどうやらメンバーが揃わな過ぎて対戦相手の気が緩んでいるようなのです。

1/5にウィザーズに敗北したナゲッツのエースガードのジャマル・マレーは試合後次のようにコメントを残しています。

"「僕たちが相手をリスペクトしていたとは思えなかった。彼らはリーグの中でも下位のチーム。でもリーグの中で最もハードにプレーしているチームかもしれない。彼らは準備万端で向かってきた」"
(引用 https://basketballking.jp/news/world/nba/20200106/209731.html

この試合マレーは39得点と大活躍しており、とても慢心があったとは思えません。もしかしたら「全然勝てないチームのくせに主力全員怪我とか余裕っしょ(笑)」みたいに考えて臨んで不調だった選手がいたのかもしれないですね。

実際に敗北した試合、ナゲッツは3P20.7%、セルティックスは3P21.6%と絶不調。もちろんただの不調かもしれませんが、スポーツはメンタルの戦い。油断が焦りにつながり上手く試合が運べなかったのでしょうか。ただそれが一番ジャイアントキリングが起きやすいのです。


謎のチームのここがすごい!
② なぜか点を取られない


怪我人が続出する前のウィザーズの最大の弱点といえばディフェンス。言ってしまえば「100点取っても120点取られて負ける」を体現するチームでした(平均失点リーグワースト)。そんなウィザーズが勝利した試合、失点は105、114、94とその平均は104.3!これは平均失点リーグ3位のレイカーズとほぼ同じです。

正直相変わらずのディフェンスの日もあるんですが、明らかによくはなってきています。それには次の要因が大きいと思います。

①ディフェンスに定評のある選手のプレイタイムが伸びた
②インサイドのサイズがアップした
③ゾーンディフェンスの精度が上がった

①、②に関しては怪我の功名ともいえます。というのもけが人続出で急遽契約したゲイリー・ペイトンⅡ世やビッグマンのアンジェス・パセチニクス、今までプレータイムに恵まれなかったイザック・ボンガ、ギャリソン・マシューズという選手達がとてもいいプレーを見せているからです。

またディフェンスがよくなったことでオフェンスもハイペースになりすぎず、良い試合運びができています。このままの調子で言ってほしいですね。



謎のチームのここがすごい!
③ 攻撃が多彩


勝利したゲームでは日替わりでヒーローが誕生しました。ヒート戦ではセンターのイアン・マヒンミがキャリアハイの25得点、ナゲッツ戦ではフォワードのトロイ・ブラウンJrが25得点、セルティックス戦ではガードのイシュ・スミスが27得点とどこからでも点が取れるチームに変貌しています。

これに関してはいい意味でも悪い意味でもエースのブラッドリービールの離脱が大きいと思います。というのも以前のウィザーズが抱えていたビールがボールを持つと周りが動きが止まり、ボールを持った選手がビールを探していた悪い状況がビール欠場によって強制的に改善されたからです。

以前のウィザーズは4Qほぼビールにボールを持たせるなどオフェンス面でビールにかなり依存する方針で,正直それは他の選手にとってかなり窮屈そうに感じました。それに対戦相手にとってはビールを抑えるだけでいいのでやりやすかったと思います。

もちろんビールはチームに必要不可欠ですが復帰後もビールに依存するだけではなくこれからも各人がオフェンスに積極的になればさらに勝ちを重ねることができるでしょう。


つらつらと書き連ねましたが、ウィザーズはまだまだ可能性にあふれるチームです。
これからの益々の飛躍を期待しましょう!
それでは今日はこのへんで!Bye!

ありえないパス連発!!”ポイントセンター”のニコラ・ヨキッチとは?


images (22)

バスケットボールにおいて身長が大きい選手といえば、ゴール下で体を張り、スクリーンをかけ、リバウンドを制し、というスラムダンクで言えば、桜木花道や赤木剛のようなイメージがあると思います。

しかしそのようなポジションである「センター」の役割を覆し、新たなポジション「ポイントセンター」を生み出したニコラヨキッチについて語っていきたいと思います。Go!

【基本情報】

誕生日:1995年 2月19日

身長:213㎝ 体重:113㎏

ウイングスパン:221㎝

愛称:JOKER(名前のJokicのJokの部分から)
   Big honey(見た目がディズニーのプーさんに似ていることから)

経歴:
メガ・ヴィズラ(2012~2015)
→デンバー・ナゲッツ(2015~)

セルビア時代

17歳の時にセルビアのプロ場末リーグABAでプロデビュー
その後21歳までABAでプレイし、その年はABAのMVPを受賞しています。
NBAのドラフトへは2014年でエントリーしてますが、NBAデビューは翌年のシーズンからでした。

ナゲッツ時代

デンバー・ナゲッツからドラフト全体41位で指名を受けたヨキッチは、ルーキーイヤーからそのオールラウンドっぷりをいかんなくとは発揮。オールルーキーファーストチームに選出されました。

また翌年の2016‐17年は自己最高の40得点や、自身初のトリプルダブル(この年で6回)を記録し、MIP候補にも挙げらえました。

またその翌年の2017‐18年シーズンには年間で10回のトリプルダブルを記録。
シーズン終了後にはナゲッツと5年1億4800万ドルでの契約延長に合意するなどすでにリーグ有数のビッグマンへと成長していました。

2018‐19年のシーズンでは自身初のオールスター選出、シーズンMVPの候補にも挙がりました。
しかし、チームはプレイオフ2回戦で敗退してしまいました。

ポイントセンター

ヨキッチといえば、NBAの中ではあまり動きが俊敏な方とは言えず、ゆっくりと(悪く言えばトロトロ)走っています。
しかしそんな彼がリーグ有数のビッグマンとして名をはせている理由は、彼の高いアシストスキルバスケIQにあります。



長身でありながら、広い視野と器用なボールさばき、的確なパスでアシストを量産します。
そのアシスト能力を存分に発揮することで、ポイントガードさながらのゲームメイクをするのでヨキッチはポイントセンターだといわれているのです。



また、ヨキッチはパスだけではなく3Pシュートや身長を活かしたインサイドでのリバウンドや得点にも長けているため、ディフェンスは簡単に彼を起点としたオフェンスを止めることが出来ません。

誰からも愛されるキャラクター



そして彼の魅力はそのバスケスキルだけではなく、この緩い雰囲気とユーモアあふれる正確にもあります。チームメイトやファンから愛されるキャラとしてとても人気が高いです。


いかがだったでしょうか?
今回はセルビア出身のヨキッチについて語りました。

彼はまだまだ若い選手なのでここからさらにスキルを身に着け経験を積んだ時、どれほどのセンスになってしまうのかとても楽しみです。

Jokerことニコラヨキッチの活躍から目が離せませんね!

では今回はこのあたりで。Bye!



【あなたの一票が歴史を変える】全米大注目!NBAの祭典を見逃すな!

こんにちは!

突然ですが皆さんはスポーツの祭典と言ったら何を思い浮かべますか?
オリンピックかな~、サッカーのW杯だろ、いやいやラグビーW杯・・・等々。

そこで私がおススメしたいのは全米が熱狂する一大イベント、NBA ALL STAR GAMEです。
今日はそんなオールスターのスゴイところを4つ紹介したいと思います!GO!


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
1.NBAのスーパースターが一挙に集う!

なんといってもこれがオールスターの醍醐味でしょう。今年は2/14〜2/16にシカゴ・ブルズの本拠地、ユナイテッド・センターに選ばれしNBAのスター選手が集まります。「NBA見るのは楽しいけど、知ってる選手だけみたいなあ」と思っているそこのあなた!オールスターを見ましょう。



NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
2.豊富なコンテンツ

NBAのオールスターはなんといってもコンテンツが豊富!
一部ではありますがおススメを紹介しましょう。

1日目  

・NBAライジングスター
1年目(ルーキー)、2年目(ソフォモア)の選手によって構成されたチームで行う対抗戦です。長くルーキーVSソフォモアの構図でしたが、現在ではアメリカ出身選手で構成されるTeamUSA VSその他地域出身のTeamWorldというチーム分けになっており、我らが八村選手もワールド側での出場が期待されます。是非オールスターでも八村選手の活躍をみたいですね!



2日目
・スキルズ・チャレンジ
簡単に言うとNBA版障害物競走ですね。パス、ドリブル、シューティングの技術を競う競技で、各アトラクションをクリアした時間で競います。面白いのはこの競技、スキルに勝るガードの選手が有利と思いきや長身選手がかなり奮闘してるんですよね。普段は見せない長身選手の華麗なハンドリングに要チェックや!



・3Pコンテスト
これは誰がNO.1のシューターか競う競技。ルールは単純明快で、25球の中で1番決めた人が優勝です。といってもそのうち5球はマネーボールと呼ばれ、これを決めると2点になりますので以下にこのボールを落とさないかが勝負のカギになりますね。3P最盛期のこの時代なので、近年レベルの高い戦いが続いています。今年は誰が頂点を掴むのか...楽しみですね。



・スラムダンクコンテスト
はい、これは見てて一番楽しいかもしれません。化け物ぞろいなNBAの中で、特に身体能力に自信のある猛者たちが豪快なダンクをブチかます熱狂的な競技です。かつては現アトランタ・ホークスのビンス・カーターやかのマイケル・ジョーダンが一晩で伝説を残しています。最も会場を熱狂の渦に畳み込むこの競技、今年はどんな伝説が生まれるのか...考えただけでワクワクします。


3日目
NBAオールスター・ゲーム
これぞNBAの主役!説明は次の項でします(笑)


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!

3.普段とは違うスーパープレー

オールスターゲームで見られるプレーはシーズンやプレーオフとは少し違います。というのも勝利第一のシーズンやプレーオフとは違い、お祭りムードの中で魅せるプレーが多いのです。豪快なアリウープやディープ3Pなど見応えは抜群!思わず叫んでしまいます。


更に更にシーズンでは見られないスター選手の共演!過去に実現したKDことブルックリン・ネッツ所属ケビン・デュラントとMr.トリプルダブルことヒューストン・ロケッツ所属ラッセル・ウェストブルックの元オクラホマシティ・サンダーデュオなど普段敵チーム同士が魅せる見事なコンビネーションは必見です!


NBA ALL STAR GAMEのここがスゴイ!
4.あなたも夢の祭典に参加可能!

「いや~面白そうだけど、やっぱアメリカでやってると親近感わかないなー」と思っている方、大丈夫です。実はこの祭典、私たちが出場選手を選ぶことが出来るんです。

それがこちら↓ イースタン・カンファレンス、ウェスタン・カンファレンスから計10名選べます。



ちなみに毎日投票できるので、好きな選手には毎日投票しましょう!
あなたが好きな選手がNBAの歴史を変えるかも?

それではまた!Bye!



読者登録
LINE読者登録QRコード
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ